2017年07月11日

漫画『のび太の太陽王伝説』藤子不二雄 藤子プロ

タイムホールからやってきた不思議な生物を追う
のび太たちはマヤナ王国の王子ティオと出会う。
太陽の国の王子であるティオはのび太と容姿が
そっくりで周囲の誰もが判別がつかないほどだ。
(母であるたま子ですらつかない…。この母って…)
しかし、のび太と違って大変勇敢で強いのだ。
マヤナ国の王女(ティオの母)は魔女レディナの
呪いで「眠り姫」のように深い眠りに陥っている。
レディナは民衆を惑わす魔術を用いたことから
国を追放され、強い恨みを抱いていたのだ。
P2017_0616_183533.JPG

マヤナ国にやってきたのび太は王子と間違えられ、
ちやほやされていい気になる。
また訪日したティオもカップラーメンを気に入り、
魔女に対抗するヒントが得られる不思議な世界に
興味を抱く。王子とのび太は入れ替わり、
非日常の世界を満喫していたが、いい迷惑なのは
それをフォローして回るドラえもんである。
マヤナ国の存在を知ったジャイアンらは
自分たちもかの国に行きたいと言い出す。

マヤナ国に訪れた面々。ティオのピンチに
立ち上がったのび太だったが、あまりにも頼りない。
なんとか秘密道具でこれを乗り切った。
だが食の儀式(日食時にいけにえの体に魂を
乗り移らせることで永遠の命を得るという秘術)
をくわだてるレディナの魔の手が迫っていた。
王子ティオをおびき出すために捕まった少女ククを
救出するために出かけた一行は秘境を踏破。
レディナ一味との激しい戦いが繰り広げられる。
2000年映画公開作品。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん・大長編ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。