2017年05月17日

漫画『のび太と銀河超特急』藤子・F・不二雄

宇宙を漂う巨大飛行船は銀河鉄道に目をつけた。
ドラえもんの粋なはからいにより、のび太たちは
22世紀でも大人気のミステリートレイン、
銀河をかける宇宙船(銀河鉄道)に嬉々として乗り込んだ。

木星、土星をめぐり宇宙を堪能する彼らだったが、
忍者、吸血鬼、ガンマン、海賊、恐竜を目撃。
しかも凶悪な盗賊団「シャドウ団」が現れ、
列車強盗を企んでいるという情報が。
不安にかられどこでもドアで脱出をはかる。
だがしかし、超空間バリヤーを張られていて
逃げ出せないことが判明。大長編だと勇気百倍の
のび太は仲間たちを鼓舞し、戦おうと呼びかける。
P2017_0426_071349.JPG

無事に星の遊園地にやってきた5人は、
西部の星、忍者の星、メルヘンの星、恐竜の星で
体験型レジャーを堪能していた。
しかし、冒頭で登場した巨大飛行船の主ヤドリが出現。
ヤドリはヒトの体内に寄生し、宿主を支配し操る、寄生虫。
銀河全体を乗っとろうともくろんでいた。
ダサい髪型のどっかのデブ将軍以上にヤバい存在だ。
家に帰るまでが宇宙旅行。
のび太たちは無事に帰還できるのか?96年度映画化作品。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん・大長編ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。