2017年05月13日

漫画『聖闘士星矢(セイントセイヤ)』車田正美

聖域と呼ばれる場所で苦しい修行を乗り越えた
聖闘士(セイント)たちは女神(アテナ)を守る
ために存在する。正義と愛の実現をめざすために
存在する彼ら。地上の支配やアテナの暗殺を目論む
強力な敵対勢力と戦うために聖衣(クロス)をまとう。
悪の道に堕ちたブラックセイントや海の神ポセイドン、
そして冥王(地獄の王)ハーデスらと死闘を繰り広げる。
友情、愛情、使命、宿命のために戦う彼らは
コスモ(小宇宙)と呼ばれる身体の中の核を
爆発させることで超人的な能力を引き出す。
強く揺るがない想いが絶望的な戦況、
過酷な現実をくつがえし、数々の奇跡を起こす。
P2017_0505_183507.JPG

女神や友、愛する者のためなら命を投げ出すキャラが
続出する感動的だが少し怖いバトル漫画である。
感動的なシーンやエピソード、迫力満点の
ド派手な必殺技が多彩でヒットする要素も多い。
随所に車田先生特有の車田節(ベタだけど秀逸)が
炸裂していて、主人公たちにワクワクさせられる。
ハーデスの正体は伏線の明示もなく、不満が残るが
全体的に楽しめた。サンクチュアリ編(1〜7巻)
ポセイドン編が(8〜10巻)、
ハーデス編が(11巻〜15巻)の文庫版で全15巻。
P2017_0505_183620.JPG

88星座にまつわる主人公たちのキャラ付けや必殺技、
地獄での戦いなど読者を飽きさせない演出が心憎い。
基本的にシリアス展開のバトルシーンが多いが
主人公である星矢がふざけた発言をしたり、
ザコキャラが奇声を発しながらやられるシーンも。
見開きも納得の必殺技満載のバトル漫画。
銀河を駆けるかのようなスケールの大きさが魅力。
ジャンプ集英社文庫 ☆☆☆☆+

〜あらすじ〜
聖闘士や彼らのリーダー教皇は女神のために戦う
ことが宿命づけられた戦士。数百年に一回の割合で
現れる危機に直面した時にその力を発揮する。
日本の孤児だったセイヤは姉と共に大財閥城戸財団が
有する星の子学園で多くのこどもたちと暮らしていた。

しかし、7歳の頃セイヤは聖域と呼ばれる場所に
連れていかれ、大好きだった姉と離れ離れに。
毎日命を落としかねない修行を強制されていた。
それから6年の歳月が流れた。セイヤは彼を鍛える
マリンと共に成長し、最後の試練である10人目の
ライバルをペガサス流星拳(音速の拳)で撃破。
自らの力でブロンズクロスを得るが、
これをよく思わない者たちから襲撃を受ける。

命からがら日本にやってきたセイヤを待っていたのは
祖父の遺志を継ぐ孫娘の城戸沙織だった。
沙織は現代の日本にコロッセオを再現しようと
巨大な闘技場を作った。常人離れした戦士たちを
闘わせる「銀河戦争」という大掛かりな企画を発表。
勝ち残った者にはゴールドクロスを与えると宣言。
セイヤは反発するが、行方知れずの姉と再会する
チャンスかもしれないと参戦を決める。

かつて幼少時代を共にした瞬、紫龍、氷河らが
ライバルとして登場し、常人離れした戦いが
繰り広げられる。しかし、ブラックセイントを
名乗る集団が現れゴールドクロスが奪われてしまう。
その中の首領フェニックス一輝は死んだと思われて
いた瞬の兄だった。なぜ一輝は悪の道に堕ちたのか?
セイヤたちはゴールドクロス奪還に向かい、
壮絶な戦いを繰り広げることに。

女神のために戦う彼らは、女神が城戸沙織だと知る。
平和の為なら命を投げ出すことも辞さない沙織や
友情、愛する者を守るため戦うセイヤたちの前に
教皇が立ちはだかる。本来教皇は、セイントたちの
リーダーであるはずだが挙動不審である。彼の中には
聖人的な神の心と邪悪な悪の心が同居していたからだ。

壮絶な戦いを乗り越えた彼らだったが、
地上制覇を目論むポセイドンが牙をむく。
数々の水害が起こり甚大な被害を受ける地上の人々。
とらわれの身となり、命の危機に瀕する
女神沙織の救出のため敵地に赴くセイヤたち。
鱗衣を身に付けた魚人の戦士たちと死闘を繰り広げる。

危機を乗り越えたかに見えたセイヤたちだったが
冥王ハーデスがこの世に週末をもたらそうと画策。
惑星を一直線に並べ、太陽の光が地球に届かないように
する銀河クラスの大技「グレイテスト エクリップス」
(偉大なる日食)を繰り出してくる。

元々次元違いの戦いであったがいよいよ超次元と
呼ばれる宇宙での戦いや地獄(冥府)での戦いとなる。
長きにわたり熾烈な戦いを極めた女神と冥王は
再度相まみえることに。死を覚悟した女神沙織が
セイヤたちに託した想いとは?そして敵の本拠地で
ある地獄という圧倒的不利の状況。そこからの
巻き返しは、やはり奇跡の連続なしではありえない。
燃えろ俺の中の小宇宙(コスモ)。目を覚ませ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。