2017年04月29日

漫画『青いふたり 恋愛女子短編集』椎名軽穂

【青いふたり】
硬派な男をイメージしていた対馬に告白し、
付き合いはじめた宗田ひとみであったが、
津島君巨乳好きのフツーの男子高校生だった。
実はモテる研究ばかりの津島君は男子の間で
「胸田」と呼ばれるあこがれの存在からの告白に喜ぶ。
恋愛に関して期待を寄せる二人はデートを通して
好きの気持ちを募らせるが…。
P2017_0418_075534.JPG

【花とシーフ】
ともだちのために他人の家に侵入しほおずきを
盗もうとしたあざみだったが同級生大木の家だった。
シーフ(泥棒)呼ばわりされてしまい、
その頃から大木に対して苦手意識を持ち続けていた。
成長したあざみは友達の恋愛をフォローするつもりで
柏崎に声をかけるようになるが、
大木は柏崎と仲がいいことに気付く。
そして大木から余計なおせっかいをやくなと
忠告されてしまう。やっぱり大木は苦手だと思うが
あざみだったが…。

【片恋ジュリエット】
イタい親に朱里江(じゅりえ)と名づけられた。
同級生に呂壬男(ろみお)というすごい名前の奴が
いることを知り、恥ずかしい名前を持つ者同士の
仲間意識を共有できると思っていた。
しかし「名前負け」とバカにされ、親が商売敵だった
こともありことあるごとに虐げられる日々。
進路希望はヤツがいない所だったのに、
高校生になったらまさかの再会。最下位同士の
命名カップルは誕生するのか?

【明日はどっちだ】
幼なじみで乱暴者のかっつが好きで思い続ける遥は
周囲からマニアックな趣味だとからかわれている。
しかし、かっつはその遥の気持ちに気付かないようで
他の女子を追いかけ続けている。学校祭が開催される
タイミングとなり、おばけやしきにかっつを誘う
遥だったが…。

【たんぽぽの園】
小さなころ住んでいた街に帰ってきた望月紀子。
でも小さなときの記憶はあいまいでよく覚えていない。
クラスメイトになった隼は彼女を知っているようだが
紀子はすっかり忘れてしまっている。
知恵熱で倒れてしまった紀子は謎の青年に
助けられた。幼い日の忘れ物の正体とは?

『君に届け』の作者が描く恋愛短編集。
思春期の初々しくも甘酸っぱい恋愛を描く。
ラブコメ調の作品が多く、読後感も爽やかで
前向きな話ばかりなので安心して楽しめる。
集英社文庫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。