2016年11月05日

漫画『ピコピコ少年』押切蓮介

ゲームウォッチが大好きだった押切少年は、あこがれの少女
高音ちゃんからファミコンのおもしろさを教えられる。
(人生に対してまったくやる気がない表情が好きで仕方ない)
イーアルカンフーにはじまる良ゲームをプレイすることで
そのヴァーチャルリアリティの世界にのめりこんでしまう。
ファミコンのやりすぎを怒られた高音ちゃんは、
親からの命令でファミコンを押切少年にプレゼントした。
勉強に専念するようになった高音ちゃんは優等生になり、
どっぷりゲーム少年と化した押切少年は、女子からオタクと
バカにされるゲーマーとなってしまった。恋は失ったが
ファミコンを教えてくれてありがとう。感謝の言葉しかないよ。
P2016_1105_063652.JPG

スーファミ、PCエンジン、ゲームセンターの筐体。
ゲーム仲間もできて、連勝を続け快進撃の押切少年だったが
そんな彼らの前に格好はちょっと変だが凄腕格闘美少女が降臨。
色めく押切少年は連勝を続け、彼女と戦いたいと思うのだが
そこには彼女の恋人と思しきゲーマーの姿が…。
あまりにも悲しい勝ち(YOU WIN)のゲーム音。

それでも進む。とにかく先へ。中古のPCエンジン、
あってもなくても。ひき逃げの憂き目にも遭い、
傷つき疲れ果て、失意の末帰宅した少年が得たものとは?
同級生の金持ち山田にバカにされたことで「FF5」の資金を
力技(母親への泣き落とし)によって得た押切少年。
深夜に並んで買った思い出。そのことからゲーム仲間を得た
押切少年は心のオアシス、ユートピアを得たのだった。
ゲームボーイは親の目を盗んでゲームに興じられる蜜の味。

リアル(現実)はいつだってシビア。
ヴァーチャル(仮想)ゲームの世界でだけは
ヒーローになれる。そんなゲーム少年はゲームによって
友情を得るが、ゲームによって仲間をなくすこともある。
2次元のキャラクターに恋心を抱くのは神様の設計ミス?
でも好きなものは仕方ないじゃないか。
ゲームをしたことによって仲間が出来たり、
本作や『ハイスコアガール』が生まれたことを考えたら
ゲームに費やしたお金は結果的にムダどころか有益。
ゲームがあればいくつになっても童心(ピコピコ少年)で
いられる。それはきっと何物にも代えられない財産。
『ピコピコボーイ』『CONTINUE』 全1巻。
ラベル:押切蓮介 ゲーム
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。