2016年09月02日

漫画『ALL You Need Is Kill』小畑健 桜坂洋 竹内良輔 安倍吉俊

「ギタイ」と呼ばれる化け物により甚大な被害を受けた人類は
長期にわたる戦争を余儀なくされていた。
ギタイにはいわゆる化学兵器が有効ではないので
ジャケットを着用しての直接戦闘をするしかない。
ジャパンも戦火に見舞われ、初年兵であるキリヤ・ケイジは
初陣への緊張感からナーバスになっていた。
自分が戦場でギタイに殺される夢で目覚める。
最悪な一日「今日」のはじまりだ。

ここには称賛をこめて「戦場の雌犬」、「ヴァルキリー」と呼ばれる
リタ・ダラスタキも合流していた。かわいい容姿とは裏腹に
巨大な斧を振り回すリタは、数々の戦場を奇跡的に生き延びた猛者。
誰もが一目置き、あこがれ、同時に畏怖の存在でもある。
今日を過ごせば、いよいよ明日は戦線におもむかねばならない。
そして、キリヤはギタイによって戦死した…。

しかし、キリヤはまた「昨日」のように目覚めた。
その記憶を持ったまま。生々しい自分が殺される姿。
「今日」もまた同じことが繰り返されている。
戦場に行けば確実に戦死する。もうあんな思いはしたくない。
何とか生きようともがくキリヤは逃亡を図るがギタイに見つかり…。

悪夢は続くよどこまでも…。再び最悪な一日のはじまりだ。
キリヤは自殺を図る。

P2016_0720_151516.JPG


だが、また一日がはじまる。
どうやら「明日」のギタイとの戦いに勝たぬ限り、
死のループを断ち切れないと悟ったキリヤは
自分の行動次第で未来が変わることに気付いた。
「今日」自らを鍛え上げさえすれば、ギタイをせん滅させる
「明日」が来るかもしれない。
何度もギタイと挑戦し、命を落とす内にキリヤはリタ同様に
攻撃回数に制限のない斧のような武器が必要なことに気付く。
何度も「今日」を繰り返す内に、やはりキーパーソンと
思われたリタと接触することになった。
やっと明日への希望が見えてきた二人だったが…。

ヤングジャンプコミックス 全2巻 ☆☆☆+
タグ:小畑健
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441554624

この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。