2016年08月20日

マンガ『ガンバ!fly high外伝 菊田洋之短編集』

偉大な体操選手の息子ミハイルは父同様に体操の道を歩むが
周囲が父アンドレアノフ二世として見てくれない現状に
不満を抱いていた。時は流れて2016年。
来日した彼は、藤巻が成し遂げ、以来誰も成功していない幻の技
「フジマキU」をしたいと上野に直談判。
危険度も高い大技に対し難色を示す上野だったが…。

スポーツと聞くだけでじんましんが出る内田稔は入学した
中学校は必ず運動部に入らないといけない。
嫌だな、嫌だな、怖いな、怖いな…。内田は後ろ向きな気持ちから
やる気のないと評判の悪い男子体操部に入ることにした。
しかし、そこで彼が見たものは彼が運動嫌いになる要因をつくった
マッコウこと荒川だった。逃げ出そうとした内田だったが
あこがれの先輩麗子から発破をかけられ…。

P2016_0802_075102.JPG


男子体操部で三バカと言われる内田、東、真田は
キャプテンマッコウから軍資金5万円やるからナンパしてこい
と言いつけられる。マッコウにはいつもひどい目に遭わされているが
立場逆転のチャンスかもしれない。三人は大いに張り切るのだが…。

初恋の思い出はいつも甘酸っぱい。女子体操部の鬼コーチとして
恐れられる岬にも初恋はあった。岬の祖母によって語られる
岬の初恋はやはり負けず嫌いでガッツあふれる内容なのだった。

体育会と生徒会による癒着体質をすっぱ抜きたいと考える
新聞部であったが、文化部では歯が立たない。このままでは
文化部に部費が回らず、体育会系の部活だけ潤う。
変人ばかりが集まるサバイバル同好会に救いの手を求めることに。

彼女の誕生日を豪華なものにしようと張り切る荻原は
宅配便で汗を流し、お金を稼ぐことにした。
目黒と共に配達を続ける荻原であったがなぜかトラブル続きで
約束の時間に間に合うかハラハラ。

少年サンデーコミックス 全1巻
タグ:学園漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441190808

この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。