2016年08月02日

漫画『惑わない星』石川雅之

植物すら絶滅した壊滅的な世界を救うのは実体化した
惑星たち?過酷な現実を直視できない未来の日本国は
問題を先送りし続け、虚構の世界を構築し生きながらえていた。
萌えアニメを海外に輸出することが最大の産業だがそれすら
「時代劇」と言われる始末。やる気を失った大人は教育すら
おざなりなものとし、多くの学問は伝授されず退化していった。

たそがれの日々を送る彼らの命題は祖先の負の遺産を軌道修正し、
人類、自分たちの子孫が住める地球を復活させる。
宇宙に手紙を出し、救いを求める。ロマンチックだが
現実味のないそんなやり方しかできなくなった悲惨な世界。
そんないつまで続くかわからない谷間のロスジェネ世代の二人。
おっさん顔のS沢、作者がよく描く顔の及川に救いを求めてきたのは
実体化した「地球」だった。瀕死の状態の地球を保護した彼らの下に
次々と惑星たちが駆けつける。人類に手を貸すのは嫌だと表明する月。
(「もやしもん」の菌みたいなのね)。火星と水星、金星のように
協力的な存在がいる一方で、地球を壊滅的な状態にした人類を
敵視する存在もいて。さぁ宇宙の意思はどう働くのかな。

講談社モーニングKC 1巻〜

P2016_0706_073346.JPG
ラベル:石川雅之
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。