2016年06月25日

漫画『ショートゲーム〜あだち充が短編で繋ぐ高校野球〜』あだち充

あの夏の感動を忘れない。
あだち充が織りなすラブコメ野球漫画と
手抜きギャグテイストの短編をまとめて収録。

【リリーフ】
ごうまんなエース益山によって、球場に滝あゆみを
なんとか連れてくることに成功した浜。
自分のピッチングを見せればきっと俺にほれるはず。
益山の発言に首をかしげる浜。
かつて中学野球で名を馳せた浜は今では控え投手。
同級生だった益山をあごで使っていた4番のエース浜は
わがままな暴君だった。だが野球を続けられないひじと知り
苛立ちから暴力事件を起こし関東大会への話もなくなった。
チームメイトに迷惑をかけた浜は野球から離れていた。
だが益山の強引な勧誘によりベンチに入っていたのだ。
なぜか自分につらくあたる監督だったがそこには見えない
つながりがあった。ここまで読んだら嫌な話だが
意外すぎる読後感のよさと逆転劇はさすがあだち充。

P2016_0625_065744.JPG


【同球生】

あの夏のエラーにより俺たちの甲子園はなくなった。
甲子園で活躍してプロ野球選手になる。
高校球児のあこがれである青写真。
エース高峰の好投によりあと一歩となった
堀宮高校の甲子園行きの切符は安西のエラーでついえた。
その後、安西は大学で野球を続けプロ入り。
今では注目の選手となり試合で活躍していた。
時間が経ち、かつてのチームメイトたちは彼の活躍を
素直に祝福できるようになっていた。
控え選手だった田所や高峰ら、マネージャー中根は
居酒屋に集まり同窓会ならぬ同級会を開いていた。

【ギャグタッチ】

あの有名な『タッチ』をあえて手抜きで2ページだけ
ふざけて書く。そこにあだち充イズムが見事に出ている。

小学館ビッグコミックススペシャル
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あだち充『タッチ、ラフ、H2』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。