2016年06月04日

マンガ『ダンジョン飯』九井諒子

黄金の国の言い伝えにより、冒険者たちがお宝めざして
パーティーを組み、魔物たちを倒しながらダンジョン探索。
人間以外にも、ドワーフ、エルフ、ゴブリン、オークなど
様々な種族やモンスターがうごめくファンタジーの世界観が
魅力的な本作。狩猟採集という生物の根源的な問題を描く。
ちなみにダンジョンには不思議な呪いがかけられており、
冒険者たちは死なず、蘇生してもらえれば復活する。
(損傷が激しすぎるとこの限りでない。)

P2016_0507_110232.JPG


ドラゴンに食べられた妹ファリンが消化される前に救出しようと
ライオス、その仲間エルフのマルシル、チルチャックは
魔物がうごめくダンジョンに再び挑むことに。
しかし、いかんせん先立つもの(お金)がない。
特に食費(食料)が問題だ。探求心が強いライオスは、
パンがなければ魔物を食べればいいじゃない。
という発想にたどり着く。
仲間の冷たい反応をよそにかかんに魔物を捉え食す。
だが食中毒の問題はぬぐいきれない。
そんなライオスを見つめるマルシルの冷たい目。

そんな彼らの前に現れたのはドワーフのセンシだった。
10年以上迷宮で魔物を料理、研究しているという彼により
魔物はすばらしい食材となりその栄養価はあなどれない。
やっぱり冒険にはコック(料理人)が欠かせないのか?
食に対して保守的なマルシルは初めこそイヤがるが
背に腹は代えられないと食してみると驚きのおいしさ。
意外とバランスのよいこのパーティー(ボケ役とツッコミ役)は
モンスターや亜種族、ワナに苦しめられながらファリン救出に向かう。
強力なドラゴン、ダークエルフの影も見え隠れし…。
冒険には驚きと発見がてんこ盛り。
ちょっと食べたくなってくるレシピあり、栄養表まである。
発想が奇抜で内容もしっかりしているグルメ漫画。新鮮。
人気ファンタジー漫画。

ビームコミックス 8巻〜 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。