2016年04月10日

漫画『だがしかし』コトヤマ

八代続く老舗の息子ココノツ。
父の願いは店を継いでほしい。
だがしかし漫画家になる夢を持つココノツはこれを拒否。
だいたい老舗とは言うもののウチ駄菓子屋じゃないか。
そんなココノツの前に現れたのは菓子会社のご令嬢にして
駄菓子大好き不思議少女ほたるだった。

P2016_0319_183923.JPG


少年のような心を持ったほたるは不審な言動がめだつ。
それじゃ白い粉キメてるみたいだよ。自粛モンだよ…。
だがしかし駄菓子への情熱と造詣の深さには目を見張らされる。
ほたるはココノツの父を会社に招きたい。
そして駄菓子屋「シカダ」はココノツが継ぐべきだと主張。
ほたるの可愛さは気になるものの店は継ぎたくない。
ツッコミ役のココノツはほたると父に振り回されながら
あらためて駄菓子の魅力や謎の数々を考えることに。
おさななじみでもあり駄菓子になじみがあまりない
遠藤豆・サヤ兄妹も神出鬼没なほたるにつき合わされる。
メジャーなお菓子、マイナーなお菓子を次々と紹介する
変わり者のご令嬢の活躍をコミカルに描いたギャグマンガ。
少年サンデーコミックス 5巻〜 ☆☆☆+
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。