2015年12月23日

漫画『テンパリストベイビーズ』東村アキコ

世界は自分を中心に回っている。赤ん坊ごっちゃんの自信が
確信に変わったがそれは過信だった…。
家では蝶よ花よと甘やかされる腹黒王子は高円寺の保育園に
預けられ思い通りにならない現実を突きつけられる。
ここはまるで刑務所のようだ…。早くシャバにかえりたい…

スナックのママのこどもまりこに
激シブ角刈りのケンさん、哭きの竜くんに、
田中邦衛にそっくりな女の子田中くみえ…
オンリーワンな赤子たちによって
ごっちゃんのバラ色の日々は終焉を迎える。

P2015_1223_072718.JPG

【親譲りの不器用でいつも失敗ばかりしているケンさん】

初めて感じた屈辱。自分を差し置きだっこされる竜。
手に入れたクレヨンは目を離したすきに奪われる弱肉強食の世界。
あまりにも個性的すぎる先輩園児たちによって
自らの才能のなさに愕然とし意気消沈。
濃すぎるボケキャラたちに対し彼は完全にツッコミ役に甘んじる。
濃い園児たちの親たちは御多分に漏れず個性豊かな面々。
ごっちゃんのママも思ったことを口にしちゃう毒舌天然だしね。

P2015_1223_072601.JPG

【この世を我が世とぞ思ふ ごっちゃん】

唯一の救いは先輩と慕ってやまない不器用すぎるケンさん。
ケンさん家族とすごすやすらぎの休日によって癒され
休みを堪能するごっちゃんだったが、彼は保育園という名の
ムショを出所したわけではなかったのです。
爆笑必死の東村ワールド全開のおすすめの一冊。集英社
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。