2015年12月05日

漫画『MAJOR2 メジャーセカンド』満田拓也

メジャーでも活躍した野球選手重野吾郎の息子大吾は
自分もプロ野球選手になることにあこがれていた。だが…

小学校六年生になった大吾は野球をやめてしまい、
ゲームに興ずる日々。
母薫、妹いずみはそんな大吾を心配していた。
そして今では台湾で野球をしている父吾郎も。
彼は2年前地元の三船ドルフィンズに入団し、
重野二世として注目されていたが、
いわゆる才能の壁にぶちあたり野球をやめてしまった。
二世と言われるのもしんどい。
無気力な日々を送る大吾であったが、転校生として
佐藤光がやってきた。
彼の父はメジャーでホームラン王、キャッチャーの佐藤寿也。
引退した寿也は吾郎がきっかけで野球をはじめ今でも親交がある。
野球チームに入りたいから紹介してほしいという光だったが
大吾はそっけない態度をとる。同級生の少女佐倉は
大吾に野球をしてほしいようだがこれを拒絶してしまう。

二世でさえなければ雑音もなく野球を楽しめたのに…
傷を思い出させられた大吾であったが、試合を控えた
ドルフィンズのメンバーがインフルエンザにかかり
助っ人で試合に出てほしいといわれる。
気乗りしない大吾はグラウンドで光と出会う。
彼はさっそくドルフィンズに入団したのだという。
ライトを守る大吾の動きを見た光は他のメンバーに比べ
むしろ大吾の方が野球がうまいことに気付く。
しかし、致命的な肩の弱さ、そしてバッティングが
全くうまくならなかった事実も判明。
けが人が出たことで光も試合に出場することに。
しかし、ビックリするような大エラーをかます。
聞けば光は野球初心者だという。
そんな光であったが、試合を進めるうちに才能の片鱗を
ガンガンのぞかせる。何より大吾のほしかった強肩と
バッティングセンスの高さには舌を巻くものがある。
「恥を恐れて好奇心を失くしてしまうのは悪いことだ」
光の鼓舞により意地を見せた大吾であったが、
光の才能をまざまざと見せつけられたことで
かえって野球をすっぱりやめられる。ああいう才能が
ある奴こそプロ野球選手をめざすべきと悟ってしまう。

しかし、光は野球にほかのスポーツほど魅力を感じないから
やらないとツンデレ佐倉経由で知った大吾は
光こそ野球をやるべきだと直談判。
大吾君が野球やるならやってもいいという光によって
改めて野球をはじめることにした吾郎。
どうせなら野球の花形ピッチャーになろうと考えた光は
大吾にキャッチャーになって自分の球を受けてほしいという。
自信が持てない大吾の態度を見た光は、
佐倉をダシにやる気を奮起することにした。策士やで。

P2015_1129_092631.JPG


バッティングセンターでキャッチングの練習をしていた
大吾の前に現れたのは光の父寿也であった。
最高のコーチと思われる寿也であったがなぜか光との間には
埋められない溝があるようで光は帰ってしまい、そして…
きっと今度の連載も長くなるw。

小学館サンデーコミックス 7巻〜 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430715874

この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。