2015年10月25日

漫画『海月姫外伝 BARAKURA』東村アキコ

50歳のおばちゃん3人が韓流スターに度ハマリ。
韓国に繰り出し、旅の恥はかき捨てとばかりに
イケメンを探しまわり、第二の青春を満喫。
ソウルフードに舌鼓を打ち、ドラマや映画のロケ地めぐりをし
偽物ブランドや韓国の化粧品を買い漁る。
行く先々で若者イケメンと出会い、浮かれ騒ぎながら
ソウルでの夢のような日々は過ぎていく。
マイペースすぎる川上さんは仲間にイラっとされながら
図々しすぎるおばちゃん体質をフル活用し、大車輪の活躍。
P2015_1011_073451.JPG

バスの中で浮かれすぎて暴れまわる著者の姿(写真)に爆笑。
自身が度ハマリしてしまった韓流を客観的に描いた
著者の熱量たるやすさまじすぎる。
韓流ファンには必見の一冊。
「海月姫」の登場人物の母千世子によって尼〜ずメンバーの
魔窟「天水館」が売却され、韓国のセレブマンション買っちゃう
経緯が描かれている。同じ趣味を持つ同志三人による珍道中漫画。
他人の趣味に口ハサムニダ。

講談社KISS ワイドKC 2巻 ☆☆
ラベル:東村アキコ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。