2015年09月20日

漫画『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)』原作超平和バスターズ 漫画泉光

秘密基地に集まりいつも一緒の超平和バスターズだったが
あの夏の日にめんまが事故死したことでバラバラになった。
小学生だった彼らはめんまが死んだのは自分のせいだと
それぞれが傷を抱えながら高校生の年齢になった。

まともに高校に行かなくなってしまったリーダー格
じんたんの前に現れたのは死んだはずのめんまだった。
幻覚に違いないとめんまを相手にしないじんたんだったが
めんまはお願いを叶えてほしいという。
しかし、肝心の本人がその約束を忘れてしまっていた。

お願いを叶えるために、かつてのメンバー
ぽっぽ、あなる、ゆきあつ、つるこも加わり
薄れてしまった記憶を探りながら真相に近づいていく。
ちなみにめんまの姿はじんたんにしか見えないので
今でもじんたんをリーダーと慕うぽっぽ以外は半信半疑。
(めんまは直接、人や物体に触れ動かすことはできる)
どうやら鍵を握るのは当時入院していたじんたんの母のようだ。
P2015_0920_071223.JPG
 
でもめんまのお願いが叶ったら成仏してしまうんじゃないか?
相手(めんま)を思いやることはそのまま別れにつながる。
せつないなぁ。恋愛感情あるメンバーもいるし。
彼らは過去と向き合い、葛藤しながら逃げていた自分と決別し
前に踏み出すためにつらい選択をする。
みんなが本当の友達になれるように。
「あの花」読むとバンプの「友達の唄」が思い浮かぶなぁ。
しかし、超平和バスターズって。安倍とその一味か。
鳩山とシーシェパードか。(一番危ない所には触れない)
メンバーのあだ名もそうだけどこどもって怖いね。
舞台は落語家のたい平の故郷である埼玉県秩父市。

ジャンプ・スクウェアコミックス 全3巻
P2015_0920_071152.JPG

ラベル:あの花 おすすめ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:35| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
筋書きを読んでるだけで、
涙が出てきました。
>感無量です。
Posted by \(^o^)/ at 2015年12月26日 05:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。