2015年03月29日

漫画『あさひなぐ』こざき亜衣

少年漫画的性格の女子高生たちが毒舌をかましながら
苦難に立ち向かい成長していく姿が感動的。
ギャグも散りばめられていて何回も楽しめる。
今、最も注目すべき激アツスポ根学園ラブコメ。
作品のクオリティと売り上げが全く比例していない
マンガであり、知名度は低いがイチオシの傑作。
小学館漫画賞獲ってもイマイチ増えなかった売り上げ。
乃木坂メンバー(インフルエンサー)の映画&舞台で
ヒット作になるといいね。

美術部出身のボンヤリメガネ東島旭(あさひ)は
痴漢に遭遇し宮路真春に助けられる。
八王子にある二ツ坂高校に入学したあさひは
半ば強引な勧誘と巧みな誘導もあり
大人しい自分を変えたい、強くなりたいと
薙刀(なぎなた)部に入部することにした。
端的に言うと、なぎなたはスネが有効な
得物が長い剣道類似競技である。
リーチが長い武器は戦闘において効果が絶大。

元剣道部、凶暴で目の鋭い八十島将子と
長身で性悪毒舌娘、元バレー部紺野さくらも入部。
あさひを助けた2年生の真春は
なぎなた経験豊富な猛者、実質的に部の指導者だ。
ちなみに顧問の小林先生は全くの役立たずで残念な人。
悪い人ではない。ただ致命的に頭が悪いだけだ。

一年生3人は、二年生の真春、大食漢で大らかな大倉、
モブ顔の野上らの指導の下、厳しい練習に打ち込む。

貧弱で上背もない、運動神経もよくない、運動経験もない、
おまけに胸もない…ないないづくしのあさひ。
ただしつこくあきらめない前向きな性格が功を奏し、
周囲も驚く活躍をみせることもある。
感情豊かな彼女は、いっちょまえに恋をし、
そこから派生する親族関係を一足とびに妄想し、
結果暗い未来を想像してしまう。
あさひが気になっているのは真春の弟で、
一生真春に頭が上がらないのが容易に想像がつく。

三年生も引退し、野上が部長となった二ツ坂なぎなた部は
寒河江、一堂、的林らを擁する國陵高校らと
インターハイの切符をかけて凌ぎを削ることになる。
インハイを狙える実力者は真春と一堂くらいなので、
他のメンバーは団体戦での大会優勝が当面の目標。

P2015_0303_165017.JPG


謎の尼さんやかつてのインハイ・インカレ王者も登場し、
過酷な手ほどきを受けることで急成長を遂げる彼女たち。
いろんな壁にぶつかりながら前へと着実に進む。
罵り合い、メンチを切り合い、暴言を吐きながら、
それでも苦しみを分かち合うからこそ気づくこと
わかり合えることもある。
そして乗り越えた先に見えるもの、
感じられる達成感がある。勝利がある。真の喜びがある。

そんな彼女たちの前に立ちはだかったのは
毎年団体日本一になる絶対王者熊本東高校である。
特に戸井田奈歩は1年で全国ベスト8位の真春も
一目置く存在。

めざすは日本一。
高すぎる目標を掲げる二ツ坂高校の面々の中で
特に決意を固め張り切るあさひだったが
結果がついてこないさくらは部を続けるか迷いが生じ…。
はじめるきっかけがあれば、終えてしまうきっかけも
あるわけで…。あえてさくらがほしがりそうな言葉を
言わないあさひ。意地を張るさくらは自ら決意し…。

気付けば一年の月日が流れ、
様変わりした人や新入生もやってきた。
後輩ができるかもと張り切るバカ正直なあさひやらかす…。

競技者が少ないことで全国をめざしやすい
高校部活界のアメリカンドリーム的存在なぎなた。
しかし、やはり頂点をめざすとなると甘いわけない。
また競技者が少ないということは常にメンバー不足の
問題を抱えているということでもある。
野上部長、寒河江部長に代表される部長の立場の難しさ、
苦悩も見事に描いている。

【以心伝心】(あさひなぐにおいては、本来成り立たない
はずの想いが通じている箇所が散見されるので補足)

【あさひ、一堂の場合】 
なぎなたを通して成り立つ会話。
弱音を吐かず、本心を語らない一堂が
本音を語るのはなぎなたをしているときだけ。

【八十島、大倉の場合】
八十島の独特の勘のよさで。
食いしん坊キャラ大倉が食べながらファガモガ話しても
八十島にはなぜか通じている。これはいがみ愛?

【宮路真春、野上の場合】 
野上の理解力の高さ。
要領を得ない断片的な宮路の説明をまとめ補足できる。

【厄介な新一年生】

大工原唯…自信のなさから挙動不審ですぐにでも
辞めてしまいそうな彼女だったが奮闘中。
忠犬キャラと思われたが実は狂犬キャラと判明。

等々力…マイペースだがポテンシャルの高さは折り紙付き。
他人をイラつかせる言動を繰り返し先輩の評判が悪い。
遂に狂犬(大工原)の怒りを買う。

愛知…なぎなた経験者にして次世代エースとして
期待されるが、我の強さからチームをかき回す。
さみしがり屋のマザコンで負けず嫌いでとかく扱いづらい。

さぁ、性格の悪い奴が部長となる某なぎなた部の伝統通りだと
誰が部長に就任するのか?

小学館ビッグコミックス 32巻〜 ☆☆☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。