2015年03月07日

漫画『ハルコイ』末次由紀

【ハルコイ】

50歳でも春は来る。
桜の花が散る頃、本田綾子にとってそれは
必ずしも待ち遠しい季節ではなかった。
1年前に知り合ったひっこみじあんな
のんちゃんは彼氏いない歴23年の保育士。
そんな彼女に好きな人ができた。
綾子は彼女の恋が実るように何かしてあげたい。
そこには彼女が抱えていた過去が関わっていて…

【指輪の片想い】

北大路繭子はウエディングプランナー。30歳。
人のしあわせをプロデュースする仕事は美しいが
醜い心根の職場の後輩は彼女に辛辣な言葉を浴びせる。
自分もあこがれている「結婚」という現実は厳しい。
恋人氷室憲祐は妻の浮気によって離婚したバツイチ。
結婚が必ずしも=しあわせでなく、消極的だ。
訪れたジュエリーショップで本心を隠し、
婚約を控える新婦から助言を受けた繭子は
公園で必死で本音を吐露するのだが…

P2015_0301_190546.JPG


【美彩食堂】

三森美彩26歳。
実家の洋食屋がイヤで飛び出し東京で派遣の仕事。
容姿を飾ることに夢中な彼女は
合コンで知り合った竜ヶ崎晋太郎が
老舗の洋食屋の御曹司だと勘違いし「竜ヶ崎食堂」に来店。
そこは汚い外観・店内とは裏腹に晋太郎の父が作る
絶品の料理を出すきたなトランだった。

美彩は実家を思い出した。おいしい店を出すこの店も
放っておけば、近い将来潰れてしまうと予想した。
彼女は美しく飾ったネイルアートをやめ
この店を盛り立てようと試みる。
あのときの後悔を取り戻すために…

【ななつの約束】

七菜のたからものはおかあさんのお古のケータイ。
ほんやくかのおかあさんとアパートにひっこしてきた
ななは、しあわせだったかつての家のことを思い出す。
おじいちゃんとおばあちゃんとあかあさんとななの
四人でくらしていたとき、母には笑顔があった。
最近おかあさんは笑っていない。
あの笑顔と元気を取り戻すためには写真がいるんだ。
七菜は約束を破ってでも母に笑ってほしかった…

講談社コミックスビーラブ 
「ちはやふる」の作者のぜいたくすぎる名作短編集
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 なんだかんだでスピッツを
 よく聴いています。