2014年08月31日

マンガ『燃えよペン』島本和彦

漫画家炎尾燃(島本和彦)。
作中、月刊連載を3〜6本抱えるどこにでもいる
ごりありふれた漫画家である。
彼が城とする炎プロダクションでは
常に命懸けで作品がつくられていた…。
妥協を許さない燃の熱すぎる作品への想いは
スタッフ一同を巻き込んで、
日夜神経をすり減らす戦いを強いていた。

P2014_0831_052555.JPG


追い込まれれば追い込まれるほど力を発揮する燃は
よりよい作品を作ろうと編集と激論を交わし、
ときに某社のハニートラップに引っ掛かり、
ライバル作家とこどものような意地の張り合いをし
作品の内容をめぐりスタッフをぶん殴り、
がんばりすぎて入院したりと毎日激動の日々を送る。

終りのない旅を続ける漫画家の奮闘と
やたら暑苦しい熱血マンガテクニック講座も収録。
フィクションを強調しているが、作者以下
あの漫画家さんやあの声優さんも登場。

小学館サンデーGXコミックス 全1巻 
ラベル:島本和彦
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。