2014年07月27日

マンガ『猫ピッチャー』そにしけんじ

140キロの直球とかわいさを武器に
プロ野球に旋風を巻き起こす猫のミー太郎こと
「ミーちゃん」の活躍を描いたギャグマンガ。
投手不足に悩んでいたニャイアンツは
この意外すぎる才能を持つミー太郎を
プロの投手として起用。
低い軌道から繰り出される剛速球により
相手打者をきりきり舞い。
また、特に猫好きの打者はその愛らしい姿に
メロメロ。デレデレで凡退させてしまう。
しかし、ミー太郎自身は猫扱いされることが
大嫌い。また、猫本来の自由気ままなわがままで
人々を右往左往させることもしばしば。
背番号222番の愛らしい姿に癒やされる。

P2014_0727_053943.JPG


打者としての利点はストライクゾーンがせまい!

吾輩は猫ピッチャーである。
名前はミー太郎。どこで生まれたのかは
飼い主のユキちゃんにでも聞いてくれ。
18、44メートル、そして23コマの空間に
魂という名のボールをぶつける。
(というようなハードボイルドな作風の
 野球漫画ではなく気楽に楽しめる内容です)

読売新聞日曜版で掲載中。4巻〜 ☆☆☆★
公式サイト http://nekop.jp/
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。