2014年03月30日

漫画『神さまの言うとおり』

日々、退屈を持て余していた高校生の高畑瞬。
その平凡なはずの日々は「神」の出現によって
もろくも崩れ去った。
突如教室に現れた謎のダルマ。
「だるまさんがころんだ」ゲームによって、
次々とクラスメイトの命が奪われていく。
与えられたヒントを武器に命からがら生き残った
瞬だったが、
それはこの理不尽なゲームの序章に過ぎなかった。

閉ざされた空間の中で、提示されたルールを読み取り
瞬間的に考え、場合によっては仲間すらも裏切り
生き残る道を模索する。そんな戦いの中で、
主人公がなんとか他者すらも助けようと奮闘する。

理不尽な「神」の提示する人智を超えたこのゲームは
新時代の神を選ぶ試練なのか?
それともただの暇つぶしなのか?
死の恐怖と闘いながら、リアルに死と直面することでしか
生きることを自覚できないのであれば
若者に限らず人類に未来はないのかもしれない。

P2014_0207_092637.JPG


講談社マガジンコミックス 全5巻 ☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。