2014年01月02日

漫画『団地ともお』小田扉

29号棟団地に住む木下友夫(ともお)を中心に
描かれる人間ドラマを描いたギャグ漫画。
大人がかつて体験した小学校時代のあれこれを描き
郷愁を誘い、子供にとっては共感を覚えるような
エピソードを交え、幅広い年齢層に通用しそうな内容。
登場キャラクターは人にとどまらず、ゴキブリ、クモ、
カラスやネコ、犬、手などが擬人化されることも。
すごくわかりやすいストーリーの回と難解な回がある。
「ともお」たちが愛してやまない漫画
「スポーツ大佐」のカオスでシュールな展開が笑いを誘う。

P2014_0102_074446.JPG


キャラクターたちの持つ独特の視点や観点、
人間性や意外な人間関係の広がりには目を瞠る。

絵はかなり簡略化されており、味がある。
ギャグが主体のストーリであるが、
ときに深く考えさせる内容や感動的な話も盛り込む。
ともおやケリ子に代表される子供の持つ純粋なまでの
「食欲」や「遊び」への探求心。
老人が未だに持ち続ける「童心」。
青戸さんの貪欲なまでに幸せを追求しようとする姿や
些細なことにこだわるキャラの人間臭さに笑ってしまう。
たまにともおが見せる精神的イケメンは
はっきり顔が描かれない父の遺伝だと思われる。
スルメみたいに噛めば噛むほど味が出る内容。

P2014_0102_074315.JPG


基本性能(基本的な運動能力や学力、行い)同じでも
親の評価と子供の性別が違うと、
ともおとケリ子へのそれぞれの対応に雲泥の差が
生まれるのがなんか妙にリアルでおもしろい。

謎すぎる虫カードの魅力とは?
ともおが塾に通えば世界崩壊の危機が訪れる?
各団体において絶大な信頼を勝ち取る委員長だったが
ふとしたきっかけで暗黒委員長に?
ともおとケリ子のケンカはプロレスによって進化する?

古文テストが横書きされている所や
英字辞典にdon't mind(正しくはNever mind)
と書かれている所などツッコミどころ満載の内容で
もう小田先生の渾身のボケなのか単なるミスなのか
わからない所も含めてドップリ浸かってしまったよ。
発想の飛躍、展開と文句なく最高におもしろい。
あぁ、完結かぁ…。やっぱりさみしい。また読み返そう。
小学館ビッグスピリッツコミックス 全33巻
☆☆☆☆☆<
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。