2013年11月23日

【キングダム 名言集】

【信】

一番の無念は夢見てたものが
幻に終わったってことだろうが!!
…もし お前らが本気で死んだ奴らのことを思うのなら
奴らの見た夢を現実のものに変えてやれよ!!

ちんけな誇りなんて持ち合わせてねェのが俺らの誇りだ

悩む意味が全っ然わからん
だってそれは この期に及んでじーさんに
一発逆転の好機が生まれたって話だろ!
ケンカってのは最後に立ってた奴の勝ちだ
次 勝って勝ち逃げしてやれよ
そうすりゃじーさんの総勝ちだ!

生きてる奴も死んでる奴もっ
全員まとめてきっちり百等分だ!!

P2013_0814_070548.JPG


それじゃ まるで全部が天任せみてェじゃねェかよ
そうじゃねェだろ 
俺達はみんな てめェの足で立って戦ってんだ

秦人として …秦将としてお前に言うことは一つだけだ
俺は長平みてェなことは絶対に やらねェし!
絶対 やらせねェ!!

P2013_0816_180506.JPG


何も恐れず いつも通り 前へ進め

昔 王騎ってすげェ人がいた
その人が戦闘を走る時 後ろの兵は鬼人と化し
いつもの十倍強くなった
そういう力が大将軍にはありやがる
それを今からてめェに見せてやる
苦しいんなら俺の背を見て戦え 

ムダじゃねェよ
あいつは今やれることをやってんだ
俺らも今やれることをやるぞ

俺は天下の大将軍になる男だ
その刻には俺の下には何十万の兵がいる
だが その軍勢の中心になるのは…
元となるのはここにいるお前達だ
こんな所で終わってたまるかよ
力を貸してくれ 俺はっ
お前達と一緒に天下の大将軍まで突っ走る

【羌瘣 きょうかい】

私の帰る場所は… もう他の所にあるんだ…

P2014_0921_082039.JPG


【河了貂】

何が同じだ 長平はたとえ投降しようと
それは寸前まで兵士だったんだ
それとお前がこれまで手にかけてきた人間が
同じだなんて絶対に言わせるか

【松左】

ここはまだ お前達の死に場所じゃない

【王騎】

冗談ですよ 王騎冗談

命の火と共に消えた彼らの思いが
全て この双肩に重く宿っているのですよ
果てなき漢共の命がけの戦い
ンフフフ 全く これだから乱世は面白い

【蔡沢】

道も光も戦のない世界も
実現できねばただの稚児の戯言と同じです!

【呉慶】

武人の血などよりも熱きものが我の中にあることを
この剣をもっておしえてやろォ

燃ゆる城を見て悟ったことがある
この世には およそ人の考えうる正義が
全く通じぬ強大なものが在るということ
当たらば必ずこちらの身が滅ぶ
だが それでも 退かぬ!!!

侵略者に対し ここまで 退くことができぬとは
正直 自分でも驚きだ 
人の感情とはままならぬものだな

P2013_0816_113107.JPG


【龐煖(ほうけん)】

身に受けた傷の痛みは刻と共に消え去る
だが魂魄に受けた傷の痛みは消え去ることはない

【フィゴ王】

留まるお前達と違い
我らは それぞれの夢に立ち向かう者
勇者共の王ならば立ち向かう道を示さぬかロゾ
立ち向かう者共の刃の方が一千倍重いわァ

【蒙恬(もうてん)】

笑えないな 俺を(幕僚に)入れるくらいなら…
その前に入れるべき男(御子息)がいるのではありませんか?

※ 蒙恬が盲点を突いた発言。

【王ほん】

我々の 玉鳳の自力で打開するしか道はない
だがそれこそが 玉鳳の本来の姿だ
この隊はこれまで何度も何度も自力で試練を乗り超えてきた
俺の槍も命もずっとお前達と共にあった
俺はそれを本当に誇りに思っている 共よ力を貸してくれ
我らが道をっ 切り開く!!

【藺相如(りんしょうじょ)】

人は思いを紡いでいける生き物だ
苦しみも 悲しみも 喜びも
俺達はずっと つながって生きている
もう随分と前からずっと
中華はかの日(統一される日)が来るのを待っている

【李牧】

あなたは国を滅ぼすことはできても
国を生み出すことはできない人間です

私が 龐煖の道を答えに導く者
そして 信はその答えを持つ者
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。