2013年10月26日

漫画『TIME KILLERS タイムキラーズ』加藤和恵

【ホシオタ】

星オタ(天文オタク)として中学時代にイジメに
あっていた藤子ヨシオは
周囲に星オタであることを隠し生きることを決意する。
しかし、高校入学式に出会った手塚さんは
ミーハーな星オタであることを公言してはばからない。
手塚さんにきさくに話しかけられた藤子は
あっさり手塚さんに恋をしてしまい、
ついつい天文知識を披露してしまうのだった。
そんなこともあり手塚さんは藤子を天体観測に誘うが、
藤子は心無い言葉と共に拒絶してしまう。
自己嫌悪に苦しむ藤子の前に現れたのは
宇宙人たちだった。
彼らは地球人類を滅亡させることが宇宙法により
決定したと告げ、巨大彗星を地球めがけてぶつける
計画を立てていた。
そこで石油掘削員のおっさんたちが立ち上がり…
おっとこれは別の映画の話だった。
藤子は手塚さんに謝罪するために立ち上がる。

P2013_1007_084854.JPG


【深山鶯邸事件】

深山鶯最中は深山華道家元四十七世であり
若くして高い才能を周囲に認められる存在。
しかし、幼少期に両親を亡くし、育ての親である
織部により籠の中の鳥のような生活を強いられていた。
結果、彼女はまともに笑うこともない日々を送っていた。
そこに現れたのはエクソシストを名乗る男「夜」だった。
最中は夜を見ているとなぜかなつかしい感じがした。
「青の祓魔師」から派生した読切漫画。

などを収録した短編集。ジャンプコミックス
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。