2013年08月11日

漫画『忍空 NINKU』桐山光侍

長い戦争は「忍空」と呼ばれる精鋭部隊に
よって終わりを告げた。
彼らは忍術と空手を組み合わせた超人的な格闘技
忍空を操ることで武器を持った相手に素手で戦う
いわゆる忍者である。
彼らの前には刀剣や銃の類も全く意味を持たない。
特に十二支を冠した各部隊の隊長の強さは別格。
各々が修行で会得した空力と呼ばれる超能力は
自然界にある風や火、水などの力を味方にする。
彼らは心から望む終戦と平和への願いをかなえた。
それから3年の月日が流れた。

P2013_0810_143357.JPG


EDO3年。
隣のおばあちゃんを治す薬を手に入れるため
カエル顔の少年風助がある町にやってきた。
そこで彼は忍空の残党が悪事を働いている現実を目撃。
かつての英雄たちはその超人的な力を
己の欲望のために用いることで、
人々を苦しめていたのである。
実は子忍の隊長をしていた風助(風の風助)は
虐げられていた人々を守るために忍空を用い
鳩山由紀夫ばりの悪党どもを
ばったばったとなぎ倒していく。
彼は志を同じくするかつての仲間である
橙次や藍朓、黄純、赤蕾らと共に
忍空を悪用しようとするかつての残党たちや
悪党たちと闘うという修羅の道を歩くことに。

シリアスな展開の合間に平気でボケが入る。
セリフ回しがおもしろい。
主要キャラ・悪役にクセのあるキャラが多い。
脈絡なく動物が出てくることが多い。
などが特徴的な作品。
「忍空」の続きが読みたくて、「NARUTO」を
書き始めたのが岸本先生である。(文庫版巻末より)

ジャンプコミックス 文庫版全6巻
ラベル:格闘漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。