2013年03月21日

漫画『人間交差点 Human Scramble』矢島正雄+弘兼憲史

人と人との人間模様を描いたまさに大人のための漫画である。
テーマは重いものが多く、刑務所の中での出産、
戦争やいろいろな理由で生き別れになった
家族やかけがえのない人物との再会。
殺人犯や窃盗犯など道を踏み外してしまった登場人物も
数多く登場し、中には死刑囚を描いた作品もある。
戦争、リストラ、自殺、堕胎、性犯罪、裏切り、謀略…
とハードな内容も多く、重たい内容のことも多いが
人が人によって更生したり、人との出会いが希望を与える
ストーリーも多い。

P2013_0319_212423.JPG


人の数だけ世の中の形があると思わせるその多種多様で
複雑怪奇な人間の心やキャラクター性と出会うたびに
人のことが恐ろしくなり、同時にいとおしくなってくる。
情緒あふれる短編形式の物語は骨太であり
常に高いクオリティを維持している。
ヒューマンドラマの傑作。

小学館文庫 文庫版全19巻 ☆☆☆☆
人間交差点 (1) (小学館文庫) [文庫] / 矢島 正雄, 弘兼 憲史 (著); 小学館 (刊)
ラベル:おすすめ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。