2013年03月10日

漫画『百器徒然袋 鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱』原作 京極夏彦 作画志水アキ

悪党どもに天罰を!
子供的正義感に突き動かされた麗人探偵榎木津礼二郎は
作家京極堂中禅寺秋彦らと共に、
泣き寝入りを強いられそうな女性のために
悪党どもに罠を仕掛けることにした。

P2013_0310_065020.JPG


父の社会的地位を悪用し、悪事を繰り返す下種櫻井と
その側近たちによって傷つけられた姪の早苗のために
薔薇十字探偵社を訪れた男は面食らう。
そこには風変わりな助手益田と絵になる麗人榎木津がいた。
「悪い奴は退治する」と叫ぶ変人榎木津は
他人の記憶を読むことができるという超能力者。
彼は作家である中禅寺を巻き込み、
早苗の無念を晴らすために情報を集めることにした。
櫻井は有力政治家篠村精一郎との娘との縁談があり
それは占い師である華仙姑のご託宣による所が大きかった。
篠村は華仙姑への依存が強かったので、
中禅寺は占い師の兄弟子と名乗り、言葉巧みに情報を
引き出していった。櫻井たちは、この政略的縁談を
破談させないように今は悪事を控えているという。
榎木津と中禅寺は「鳴釜」という儀式を用いて
悪党どもを一網打尽にすることにした。

角川書店 全1巻 ☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。