2013年01月31日

漫画『ホワッツマイケル What's Michael?』小林まこと

踊り好きな猫マイケルを擬人化させたり、
人間との生活で生まれる悲喜交々を描いた
動物モノ漫画の代表格。
絵がきれいで見やすく、ネコのしぐさや表情などもリアル。
アクションなどの描写もうまく画力が高い。



「猫の惑星」に代表されるSFものや、「浦島太郎」などの
昔話をモチーフにした物語などもあり、舞台設定の
おもしろさや、ユーモア溢れる独特の世界観を持つ。

ネコの生態や性格、行動や習性をユーモラスに、
かつ大胆に描いた傑作ギャグマンガである。
また、猫に限らず、「しんのすけ」などの犬も登場し
猫との対比も兼ねて描かれることが多い。
おっさんの顔をしたハエや今飛びたたんとしたセミ、
だんごむしは、猫にいたぶられる役として登場する。

200810251620000.jpg

「あぁ無情 レ・ミゼラブル」


すだれハゲの気のよいおっさん「今林」氏や、
マイケルジャクソンそっくりの人物や、
大の猫好きのヤクザ、大の猫嫌いのヤクザ、無実の罪で
逃げ回る獣医の好人物リチャードなど
味のあるキャラが多いことも特徴。
また、連載していた「モーニング」を
冠したキャットフード「モーニングキャット」があるが、
CMをして、値段も下げて、おまけをつけても売れない。
何しろ3日間エサを食べていない猫が、
食べたがらない代物である。ある種、すごい自虐ネタ。

P2013_0131_050539.JPG

【マイケルジャクソンさながらに踊る猫たち】


マイケル自体は、いろんな家の猫として登場するが、
仲のよい若夫婦小林家の猫として登場することが多い。
その家では、奥さんネコのポッポがいて、二匹のこども
であるミニケルなどの子猫が生まれる。ライバルは、
初登場でゴジラのように街を破壊していた巨獣「ニャジラ」。
メス猫ながら15キロもあるため、猫はもちろん犬ですら
恐れをなす巨体の持ち主で、不敵な面構えをしている。
著者が、ノーベル賞を受賞した小林真氏と同姓同名である。

P2013_0131_050514.JPG

【金を出すんや ちくわしか持ってねえ】

猫好きに限らず、おすすめの漫画である。
全8巻。文庫版全8巻。☆☆☆☆☆
「What's Michael?」
闘魂プロダクション。講談社。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:21| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ホワッツマイケル」


面白いですよね!


漫画本 持ってます‥全部そろえました。
とにかく
マイケルに限らず登場人物の表情が面白い。

猫の特徴をよく理解し動きや表情が素晴らしいです。
猫好きにはたまりたせん。

仰向けのペタンコのマイケルのぬいぐるみを持ってます。


ちなみに マイケルジャクソンも死ぬほど大好きです。

>舞子さんへ

コメントありがとうございます。

あらためて全巻読み返して笑いました。

猫や人間の表情が確かに色とりどりで
おもしろいですね。マイケル(猫)に
頼られていると何もやらなくていいという
変なルールのある老夫婦の話とか好きです。

私はデブネコのミニケルが好きです。
おなかを出してゴロゴロしている姿は
たまりません。現実の猫の姿では
この動作をしているときか寝ている姿が
いとしく感じますね。
Posted by 舞子 at 2013年02月01日 15:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。