2013年01月27日

漫画『わたしは真悟 My Name is Shingo』楳図かずお(うめずかずお)

アームロボット「モンロー」を通じてめぐり会った
小学生の近藤さとると外交官の娘山本まりんは自然と魅かれ合い
モンローに知識を与えるという遊びに興じるようになる。
しかし、そのしあわせは長くは続かなかったのです。
かけがえのない存在として強く心を結びつける二人だったが
まりんは両親と共にイギリスに行くことが決まってしまう。
このままでは離れ離れになってしまうと嘆く二人は
結婚を約束し、親元から離れ駆け落ちをすることに。
迫りくる親たちの追っ手をかいくぐり、二人はモンローのもとへ。
結婚をするには子供を作ればいいのではないか。
という結論に達した二人であったが子供の作り方が
わからないのでモンローに尋ねてみた。
「333ノテッペンカラトビウツレ」
というのがモンローの出した答えだった。

二人は東京タワーに向かって駆け出した。
そして二人のこの行動がモンローを進化させ、
超生命体「真悟」を作り出すという奇跡を起こすことに。
子供二人だからできたピュアな恋愛と
超生命体真悟(モンロー)が疑問から進化していく過程。
その激動の日々を描いた
ハラハラドキドキのファンタジー漫画である。
そして暗躍する謎の集団や悪役ロビンなど
(人間が根底に持つ)悪意を鋭く描いている。

〜あらすじ〜

小学校六年生のさとるは最近色気づいてきた旧友の中で
未だに大人になることもなくいたずらや大さわぎすることを
いきがいに毎日を楽しく過ごしていた。
いや、本人に自覚がないだけで浮いた存在になりつつあった。
そんなさとるは、父の会社豊工業でロボットが導入される
という耳よりの情報を入手し、二足歩行ロボットを想像し
期待に胸を膨らませる。だが社会科見学によって出会った
ロボットモンローは、アーム型のロボットであり
彼の抱いた理想像とはほど遠いものであった。
がっかりしたさとるだったが、他の小学校も見学に来ており
そこですれ違った少女に心を奪われる。
なんとか名前を聞き出したさとるは、
少女まりんのことを考え、上の空になることも。

なんとか会えないものかと会社に行くと少女もさとるに
会いたがっており、運命の再開を果たす。
二人は豊工業に忍びこみ、モンローにプログラムを組み
どんどん知識を与えていく。
時間が許す限り二人は遊び続け、
モンローはどんどん賢くなっていった。

しかし、マリンが外交官の両親とイギリスに行くことに。
小学生が恋愛をするなんてと難色を示す両親たちから
逃れようと二人が向かった先はモンローの元だった。
二人が結婚をし、こどもをつくるにはどうしたらいいか
という質問に対しモンローの出した答えは?
二人は導かれるように東京タワーにやってきた。
そして頂上目指して進みだす。

P2013_0126_053424.JPG


本懐を遂げられずに離れ離れになってしまった二人。
真悟は父が会社をクビになったことで新潟に。
マリンはイギリスに。
そこにはマリンに一目惚れした汚らわしい悪役ロビンがおり
悪だくみをしていやがった。あぁ虫唾が走る。
一方その頃、モンローは意識(自我)を持ちはじめた。
父さとる、母まりん、その二人から生まれたのが真悟。
わたしは真悟(真鈴・悟から一文字ずつ採り)の誕生である。
真悟は超生命体として、さとるが、そしてまりんが
伝えられなかった想いを届けようと進化を果たし、
虫や動物、人間などの力を借りながら二人のために動き出す。
(基本的にはアームの姿。プログラムによって彼が自らを
映し出した姿は赤ん坊ないしは宇宙人のような姿であった)

P2013_0126_101647.JPG


いつしか「神」(地球そのもの)のような存在になった真悟は
人の持つ悪意によって妨害を受けながらも歩みを止めない。
そして、日本で、イギリスで進行していた不気味な動きにより
さとるとまりんは激動の日々を過ごすことに。

全編通してすごいけど特に最終回が切なくてすばらしい。
あと楳図作品の中でも絵の描きこみ方が半端ない。
コンピュータのドット絵風の描き方とかすごいの一言に尽きる。

小学館文庫 全7巻 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 楳図かずお(うめずかずお) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。