2012年12月30日

【管理人が勝手に選ぶ2012年度発売漫画ベスト10】

昨年に続きまして、本年もやりますよ。

ステマとペニオクと暴力団と無縁のこの企画。

2011年度の1位「よつばと!」が2012年は発売されず。

混戦を制したのは果たして?

あと本題に関係ないのですが、今年日本で100歳になった方は

明治時代(1912年7月30日までが明治時代)生まれの方と

大正時代生まれの方、両方いるのです。


今年一番のニュースは松井秀喜選手の引退でした。

(二番目は「ハンター×ハンター」12月2冊発売。

 政権交代?何それ。

私は個人的には民主党という烏合之衆の中で

野田さんはよくやった方だと思います。)

松井選手の引退は残念な気持ちもありますが、

とてつもない期待と重圧の中で戦っていたのだと

改めて思いました。

月並みの言葉ですが、ありがとうとお疲れ様と

これからさきの人生にエールを贈りたいです。

20年間。間違いなく私にとっての一番のヒーローでした。

そして多分これからも…


では閑話休題して順位発表!


1位 『HUNTER×HUNTER 31巻』

やはり冨樫先生はすごいよ。

キルアの妹アルカの能力のアイディアに脱帽。

アルカはどんな願いでもお願いを叶えてくれる。

一方でアルカのお願いを3つ叶えてあげないといけない。

しかし、アルカのお願いは叶えてもらった人ではなく

別の人間がその対象である。

(そして叶えてもらったお願いが大きければ大きいほど

 アルカのお願いはより破壊的になり

 願いを4回連続で叶えられないと……。

 ちなみに等価交換の法則が成り立つ。

まぁ、詳しくは読んでください)

善人には悪魔に見え、悪人には天使に見えてくる

そんな気になる能力ですね。

アルカに叶えてもらうお願いはもちろん

ハンター×ハンターの毎週掲載。

ツケは自称日本一幸せな人生を歩んだ男ルーピー鳩山と

その妻にでもなすりつけてやりましょう。

P2012_1209_100037.JPG


2位 『ちはやふる 18巻』

この巻に限らずどの巻読んでも密度も内容も濃い。

もっと売れてもいい漫画だと思います。

題材が小倉百人一首(カルタ)なので

タイミング的にもお正月に読むのは最適です。


3位 『さよなら絶望先生 30巻』

最終巻ですね。「かってに改蔵」のときも感じましたが

意外なラストを描ける先生だと思います。

脱帽した。意外なラストに脱帽した。さよなら〜


4位 『それでも町は廻っている 10巻』

今までレンタルで読んでいたのですが、

最新刊は定価で買いました。

今年は「よつばと!」の次位に読んだ気がしまう。


5位 『リアル 12巻』

大好きな野宮はほとんど出ていませんが

主役級、モブキャラにとって転機となる出来事が

次々と起こっています。話が動いたな〜という感じ。


6位 『ジョジョリオン 3巻』

荒木先生は自らの作品のクオリティーが高いことで

既にハードルが上がっているのに(もはや走り高跳び級)

それを超えてしまうのがすごい。

そこにシビれる!あこがれるゥ!

3巻は豪華付録もついていてお得感もあり大充実!


7位 『バガボンド 34巻』

まさに待望の最新刊と呼ぶにふさわしい内容。


8位 『銀魂 47巻』

いろんな手法を見せてくれて楽しめる。

余談だけどこの作品は

人間離れした女性キャラほどいい女な気がする。


9位 『ONE PIECE 67巻』

ケタチガイの売り上げに驚くばかり。

「印税王に俺はなる!」という気概をビンビンに

感じるほどのタイアップにちょっとひく。

まぁ作品自体はおもしろいので問題なし。


10位『銀の匙 4巻』
 
あえて主人公が荊の道を歩く点がいい。

迷わず悩まず自分の道こそ正しいと思う人間なんて

私は全く信用できませんね。政治家に限らず。



惜しくもベストテンならず


『宇宙兄弟 19巻』

あえて試練を与えた感がありますが、

あいつならきっとやりとげてみせますよ。絶対。


『ドロヘドロ 17巻』

もっと意外性があってもよかったかなと。

お気に入りのニカイドウのキャラがなじめない。


『君に届け 16巻』

幼なじみの二人の恋ってなんかいいですね。

共有している思い出とか。
   

『月光条例 17巻』

【雨ニモマケズ】のセンセイが貫いた生き方に感動。

無償の愛はやはり胸に響くものがある。




本年度の注目作といえば「ネウロ」の松井先生の

「暗殺教室」でしょう。設定がぶっ飛んでいてよい。



ちなみに「2011年度版」
http://manga0001.seesaa.net/article/243410083.html


それでは閲覧者の皆様のご多幸と健康を祈願して。

来年もよろしくおねがいします。(安寿)
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 安寿の茶番劇(創作物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「こんなはずじゃなかった…」暴力団の怖さ伝える漫画がネットで話題
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/16(土) 04:52:53.20 ID:TXJSkgJ80● ?2BP(1919)暴力団に入ったり関わったりすることの怖さを子ど..
Weblog: 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2013-02-16 12:01



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。