2012年11月11日

漫画『らんま1/2』高橋留美子

天道道場に突如降ってわいた許嫁の話。
父天道早雲は、いっしょに修行に励んだ早乙女玄馬の息子乱馬と
自分の娘を結婚させるという許嫁の約束を勝手にしていた。
早雲には長女かすみ(まさに菩薩)、
次女なびき(まさに守銭奴)、三女あかね(まさに乱暴者)の
三人の娘がいたが、同い年のあかねがちょうどいいだろうと
姉二人はあっさり辞退。そんな折玄馬と乱馬が道場に到着。
しかし、玄馬が連れてきたのは女の子だった。
これじゃ結婚できないなと納得した一同だったが、
風呂に入った女の子はなぜか男になっていた…。

玄馬と乱馬は中国での修行中に「呪泉郷」と言われる温泉により
それぞれ水をかぶると、パンダ(玄馬)、女性(乱馬)に
なるという変態体質になってしまっていた。まさに悲劇!
ちなみにお湯を浴びると元の姿に戻る。
早雲と玄馬は、あかねと乱馬を許嫁とする約束は反故にせず、
将来的に結婚させることで勝手に合意。
玄馬と乱馬は天道家の居候として身を寄せることになり
乱馬はあかねとその姉なびきが通う風林館高校に転入。
そこでは、「あかねと交際したくば、あかねに勝つこと」
(困るな勝手に)と宣言した
風林館高校最強にして最悪の変態である九能帯刀他
あかねと交際したい面々が待ち構えていた。
乱馬が九能を倒したことで他の面々の大半は、
変態の九能があかねの恋人になるのは忍びないが
乱馬ならまだ我慢できるということで
乱馬をあかねの恋人として認識するようになる。
筋金入りの変態である九能先輩や五寸釘といったごく一部の
あきらめの悪い者だけは変わらずあかねに想いを寄せている。

P2012_0930_184747.JPG


学園生活を送る乱馬やあかねたちだったが
次から次へと理不尽で自分本位でかつ超人的な戦闘能力を有する
変態達が敵として現れる。
中国からやってきた我の強い女傑族のシャンプー。
そしてシャンプーに想いを寄せる卑怯な暗器使いのムース。
乱馬のライバルでありあかねに想いを寄せる方向音痴の響良牙。
九条の妹ということでやはり性質の悪い黒薔薇の小太刀。
乱馬の幼なじみであり乱馬に裏切られたことのある
お好み焼き屋の久遠寺右京ことうっちゃん。
女のときの乱馬を「おさげの女」として恋い慕う九能は
同時にあかねにも想いを寄せているので厄介極まりない。
彼らは、恋愛関係のもつれやその時々の立場や思惑から
力を合わせたり、足を引っ張ったり、策を弄したり、
恋に恋い焦がれ恋に泣いたりと忙しい。
後半にはあかねに友達としてしか見られていない良牙に恋する
ブタ好きの雲竜あかりが登場し、良牙に春が訪れる。

P2012_1006_074653.JPG


また玄馬と早雲の師匠にして、自他共に極悪と認める妖怪八宝菜の
悪行の数々と迷惑千万な不幸の種の数々は特筆すべき点であろう。
それらに付随して現れる因縁深い相手や「呪泉郷」がらみの輩、
はたまた逆恨みや性格破綻者や単なる厄介さん共が襲来して、
何かしらの事件や騒動が巻き起こる。
…このご町内には絶対住みたくないなぁ。

P2012_1003_181901.JPG


またこの作品では非常に効果の高い不思議アイテムも数々登場。
身に着けたり、食したりすることで
強力な力を得たり、性格を変貌させたり、
他者に効力を及ぼしたりする。
中には「呪泉郷」の効力を治癒したり、
一時的に無効化するものも登場するので
呪われしメンバーはそれらのアイテムに翻弄されることに…。

またやはり変身の鍵となるためか水やお湯が潤沢にある
風呂・温泉、海に川にプールが登場することが多い。
ただ道を歩いてだけで打ち水をしているおばあさん
(このおばあさんは最終話の扉絵に出るほどメジャーな存在)
が登場したり、水道管が破裂したり、鉄砲魚に水をかけられたり
といろんなパターンでことごとく乱馬を女に、
良牙をブタへと変えてしまうのだ。

乱馬や良牙などの「呪泉郷」体質メンバーはこれを治癒せんと
躍起になっているが、ある意味漫画の肝の部分なので
君たちの願いは叶わないのがお約束なのだよ…。

乱馬とあかねはお互いを意識しあいながら、
でも基本的に素直でないのでこれを認めようとせず、
また周囲の横槍も入りなかなか恋の進展はなくケンカばかり。

物語の中盤において、乱馬の母が登場するが、
例によって父玄馬が
「乱馬を男の中の男にする。できなかったら親子で切腹する」
という恐ろしい約束(乱馬は幼かったのでよくわからず約束)
をしてしまっていたので、
乱馬は母に男の姿で再会できずにすごすことに…。

物語は学園ラブコメを基調とした、格闘あり、笑いあり、
超常現象ありのドタバタ調のギャグマンガである。
「飛竜昇天破」や「爆砕点穴」「八宝大華輪」など
非常に数多くの必殺技(奥義、技)が登場するが、
ギャグマンガなので死に至ることはない。
かつ、単純に相手にダメージを与える実用的なものばかりでなく
ただ単に嫌がらせをするために生み出されたものもある。
(無差別格闘流…八宝菜や玄馬などが代表格)
基本的にギャグマンガなので高度から地面に落ちようとも
漫画的手法で死ぬことはない。
シリアスな展開になっても、誰かしらがそれを吹き飛ばし、
じめじめした内容にならず、負の読後感がないのがすばらしい。
生徒がいやがることを率先してやる(悪い意味で)校長や
実は全然博打(バクチ)が強くない博打王キングや
なびきと熱い対決を見せてくれた火車王金之助といった
インパクト大のキャラクターが多い。

P2012_1004_071819.JPG

【なびきの守銭奴ぶりに固まる乱馬とあかね】


またバトルと無縁とも思われるグルメや応援、
フィギュアスケートなども異種格闘技戦で描かれている。
基本的に学園漫画・学園ラブコメの代表的な作品であり
同時に高橋留美子先生の最高傑作にしてベストセラーである。

小学館サンデーコミックス 全38巻 ☆☆☆☆☆
らんま1/2 (1) (少年サンデーコミックス) [コミック] / 高橋 留美子 (著); 小学館 (刊)

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。