2012年06月10日

漫画『カタリベ』石川雅之

倭寇(日本を主とした海賊)の襲撃により
島に住む九姓漁戸たちは多大な被害を受ける。
島の人達にとって大きな希望である御曹司
(中国の旧帝のこどもとされている、真偽は不明)
だけは守り切ろうと、画策する島民。

しかし青臭い御曹司は彼らの想いを無視して
助けに戻ってしまった。
結果、御曹司は倭寇の手におちる。
島の民80人は無抵抗で奴隷となり、
その引き換えとして御曹司は助けられた。
自分のせいで多くの犠牲を生んだことを後悔する
御曹司の前に人々が神(バハン様)と呼ぶ
けったいな格好をした超人が現れる。
自分の言動が多くの人達の命や人生を変えてしまう
ことに気づいた御曹司は生きる意味を失う。
バハンは、もし御曹司が半年生き延びるごとに
彼が望む者の命を1人生き返らせるという
破格の条件を提示した。

P2012_0609_083750.JPG


南北朝の動乱(日本)と朝鮮半島の混乱や中国との
軋轢の中で繰り返される人と人との争い。
人の自我を奪い、鬼として、彼らを利用する人の姿も
また鬼のようだった。
多くの利害や人の数だけある矛盾に出会いながら
語り部(カタリベ)という名を与えられた御曹司の
激動の日々が語られる。

リイド社 SPコミックス 全1巻
ラベル:石川雅之
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。