2012年05月06日

漫画『新選組刀義抄 アサギ』原作山村竜也 作画蜷川ヤエコ 構成協力町田一八

1863年。
近藤、土方、沖田ら壬生浪士組(後の新選組)は、
将軍警護の目的で京都にやってきた。
しかし、京都に誘った張本人清河は江戸に戻り
尊王攘夷のために働けと宣言。
これに反発した近藤らは、京都にとどまることを選択。
(黒船来航以来我が物顔をしている外国勢力を
武力で打ち払い天皇中心の政権を造ろうとする集団。
幕府を倒そうとしたことで「討幕派」と呼ばれるように。
対して「佐幕派」は幕府を支える道を選んだ者たち。
壬生浪士組は佐幕派である)

P2012_0503_100157.JPG


大きな後ろ楯を失った彼らは宙ぶらりんな日々を送るが
不逞浪士であり「人斬り」と呼ばれるビッグネーム
岡田以蔵、田中新兵衛らが会津候松平容保を襲撃した際に
これを阻止した活躍で京の治安を守る役目を
将軍からじきじきに賜ることに。

しかし壬生浪士組には大きな問題があった。
それは近藤勇を慕う近藤派と
芹沢鴨を慕う芹沢派という内部での対立である。
将軍も認める壬生浪士組となったことで
芹沢鴨らはその威光を悪用し、
北朝鮮や中国のようなタカリ行為を行うようになる。
ちなみに作中芹沢鴨の人物像は二重人格者
(仏のような性格と悪そのもののような人格、
ちょうどジキルとハイド的性格を併せ持つ)
として描かれている。更に芹沢一派には鬼畜のような
佐伯という男も加わり、悪行三昧を繰り返し、
近藤たちの頭を悩ますように。

また、揃いの羽織を作る際にも金銭面の問題が浮上し、
窮地に立たされる彼ら。
(このエピソードでは、芹沢派らとの対立。
そして近藤の義理に厚い人柄や
彼を慕う沖田らの清々しい姿が描かれる)。

同時に、討幕を目論む悪党武市らなどにとって
壬生浪士組は邪魔な存在なのでたびたび彼らと
命を懸けた真剣勝負が繰り広げられることに。

多くの問題を抱えながら青雲の志に燃える決して
高い身分でない彼ら(特に近藤、土方は農民である)は
ときに空を見上げながら、真の武士をめざして邁進する。

タイトルの由来である新選組の揃いの羽織の
浅葱(アサギ)色は作中では空の色とされている。
綺麗な絵柄で見やすく、ストーリーや演出もうまく
男性の美形キャラが多いが、
女性キャラが悲惨な目に遭うことが多い。
時代考証も交え、オリジナルの部分もあるが
基本的に新選組の活躍や魅力をわかりやすく伝えている。
合間に入る実録話もうれしい。

全8巻 ヤングガンガンコミックス ☆☆☆☆
新選組刃義抄 アサギ 1 (ヤングガンガンコミックス) [コミック] / 山村 竜也 (著); 蜷川 ヤエコ (イラスト); スクウェア・エニックス (刊)

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。