2011年12月24日

漫画『焼きたて!!ジャぱん』橋口たかし

フランスパンと並ぶ世界的なパン「ジャぱん」を
作ることを夢見る天才少年東和馬は
日本一のパンチェーン店パンタジアにやってきた。
パン作りに絶対的な優位な太陽の手
(手が温かくパンの発酵に向いている)。
器用すぎる指先。
そして自由な発想で次々と生み出されていく奇抜なパンに
よって、それらを食べた者たちは天国に旅立ったり、
姿かたちが変わってしまうほどのリアクション芸を
見せてしまうのだった。
パンの道に魅せられた男女の真剣でおバカな
挑戦がおもしろいグルメ漫画。
パン知識に限らず多々登場する雑学の数々もおもしろい。



〜あらすじ〜

新潟県魚沼郡出身の東和馬は農家の長男として生まれた。
幼少時、圧倒的な米派だった東だが、
姉の勧めで食べたパン屋さんのパンにひとめぼれ。
パン屋の彼が語った「ジャぱん」の夢に共感した東は
それ以降、日々新しい創作パン「ジャぱん」の研究、
製造を続けてきた。
その夢を叶えるためにパンタジアにやってきた東だが
どうやら見落としがあったようで会社に即採用!
というわけではなくテストが行われるという。
遅刻してしまった東はペナルティーとして
マイナスからのスタート。しかし、その自由すぎる
発想から審査員黒柳をうならせる。



剣の達人でもある諏訪原、
関西弁の合いの手・ギャグ要因である河内、
そしてパンタジアのオーナーの孫である月乃
優秀な研究者である冠らと共に
パンタジアを潰すことを目論む
サンピエールのオーナーや
腹違いの月乃の姉である雪乃たちからの刺客と対決。
ちなみにサンピエールのオーナーはうますぎる故に
人格を崩壊させるパンを食べたために悪人となり
雪乃は「アイツは稀代の悪」と言われるレベルである。
最後に笑うのは誰なのか?
そして東和馬が抱く壮大な夢とは…?

やや強引すぎる展開はあるが、その絵のセンスや
うんちくの数々、パンを食べることで起こる
一発芸的リアクションのバリエーションは豊富でおもしろい。
後半がなぁ…
小学館少年サンデーコミックス 全26巻 ☆☆☆★

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。