2011年12月16日

漫画『不思議な少年』山下和美

時代と国を問わずその姿を現す謎の美少年。
人間に不思議を感じ、その人生を見つめる少年は
人の醜さ、ズルさ、滑稽さを眺めながら、
ときに人が発する美しさや可能性を見出すために
超人的な力を用い主人公たちに働きかける。
その行為は単なる気まぐれだったり、
あくまで少年個人のためのエゴだったりするのだが
人を嘲笑しながらも少年の根底にある
人への慈しみが大きい。
そう、かつて人身御供として自らの命を奪った
人間に対する不思議なまでの慈しみが大きいのだ。



〜あらすじ〜

人の記憶を操り、気づくと家族にもなっている
不思議な少年がいた。
少年はかつて人として生きていたが、
人身御供として人に命を奪われたのだ。
天の采配か?慈悲なのか?
少年は超人(神)として生まれ変わり、
時代や国を問わず、はたまた宇宙空間にも飛び出し
人やロボットの生き方を見つめる。
多くのエピソードで少年は金髪美形の中世的な姿で
登場するが、ときに成長した大人の姿で、
ときに観察する人間への愛情から美女になることも。



歴史上の人物であるソクラテスのような偉人を
主人公に据えることもあるが、
その多くはごくありきたりの人生を歩んでいる
平凡な者たちの話である。
でもこの話を読むたびに人生に優劣はないなぁと
思うのである。そのほとんどはいかに生きるか?
を問うものであり、深く考えさせられる。



途方もない無限のような可能性の中で
途方もない数の人間や動物や植物がいて、
途方もない数の選択肢があって、
昔、今、未来へと連綿とつながっていく。
時にエゴ丸出しで、人を踏みにじる者がいる一方で
命を投げ出して人を助ける者もいる。
理屈や整合性ではない行動をとることも多い
不思議な生き物「人間」を見つめる
というスタンスは同著である
『天才柳沢教授の生活』と同じでブレない。

☆☆☆☆+ 週刊モーニングKC 9巻〜


posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。