2011年11月26日

漫画『響子と父さん』石黒正数

イラストレーターの響子には庭で模造刀を振り回す
わがままで厄介な父親がいた。
奥さんを旅行に送り出せる位の度量はあるのだが
まともに自炊もできずインスタントラーメンばかり
食べている父を心配した響子は、
留守中くらいはと父の面倒を見ることに…。
しかし、そこは厄介さんのこと。珍騒動が巻き起こる。



響子の結婚話(結婚の条件は人生ゲームで勝つことだ)や
行方不明中の妹春香との幼少時代や
家族が離れてしまったエピソードも交えて
家族のありかたを描いたヒューマンコメディー。
少しズレているボケのオヤジ、
しっかり者のツッコミの響子さんの兼ね合いも
見事でおもしろい。



また本作では同著【ネムルバカ】の春香が登場し、
ネムルバカで活躍する春香の過去話や
それからが描かれていてファンにはうれしい演出。
徳間書店リュウコミックス 全1巻 ☆☆☆★


『電話で本音がポロリ…いい話や』
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 石黒正数『それ町、外天楼』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。