2011年11月18日

漫画『不可思議堂奇譚』えんどコイチ

夢を失った人たちに希望を与える魔法のような
アイテムを提供する不思議な店不可思議堂。
人助けを身上とする高齢のおばばこと無量と
彼女が後継者として育てたオヤジギャル(死語)のお穣
によって世の迷える人々を救うというヒューマンドラマ。
基本的にあの「ドーン」のサラリーマンの話を
よい話として描いた物語と言えよう。



少年ジャンプで掲載されたものの10週待たずに、
打ち切りになってしまった作品。
何話かは覚えていた。懐かしかったなぁ…。
おばばとお穣の手助けによって、主人公たちが
人として大切な何かに気づき成長していくという
内容は個人的には嫌いじゃない。
何ていうか絵もそうだけどパンチがないのが残念。

集英社ジャンプコミックス 全1巻 ☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。