2011年10月09日

漫画『ぬらりひょんの孫』椎橋寛

大妖怪ぬらりひょんの孫奴良リクオ。
実は魑魅魍魎どもが跋扈する現代の日本を舞台に
中学生として学生生活をすごしながら
妖怪たちを束ねる奴良組の総大将(百鬼夜行)
になるために妖怪という身分を隠しながら奮闘中。
人も妖怪も護りたいと願う心やさしい少年の成長劇。
彼を慕う雪女つららや青田坊や黒田坊、牛鬼らと共に
内部に潜む敵や領土争いを目論む反抗勢力妖怪たちとの
過酷な闘いを描いた傑作妖怪漫画。
ギャグ+刹那系+学園漫画+格闘漫画。

 

【まずは形から? 畏の揃い衣装】

〜あらすじ〜

関東大妖怪任侠一家奴良組の総大将ぬらりひょん。
70ほどの組と1万の妖怪の首領である彼の孫リクオ。
妖怪の祖父の4分の1の血をひく彼は
一見普通の容姿、特別な力も持たない少年。
しかし、幼なじみ家長カナにピンチが訪れたことで
妖怪としての能力が覚醒した。
それは「百鬼夜行」として最大勢力を誇った彼の父を
髣髴とさせるまぎれもない「あやかし」の姿であった。
リクオを組の3代目として頭領に据える。
というぬらりひょんの発表によって喜びに湧く奴良組
だったが、リクオがその後妖怪に変わることはなく、
4年の月日が流れた。


【妖怪ぬらりひょんをひょんなことから
助けることになった陰陽師花開院ゆら】

立派な人間になろう!
と中学生になったリクオは学園で善行を施す日々。
しかし、妖怪とは本来、
人に「畏」(おそれ)を抱かせる存在。
人に仇なす妖怪を許さないと主張するリクオは
内部でも外部でも妖怪としての資質を問われる。
領土拡大や野望を抱く妖怪たちにターゲットとして
狙われるリクオは多くの妖怪や清十字怪奇探偵団の
メンバーを筆頭とした人々を守るために
ときに妖怪に変化し、その強力な力を振るうのだった。
いつしか彼を慕う妖怪は増えていき、
若頭として多くの信頼を勝ち取るリクオ。


【リクオを慕う雪女つらら】

次々と立ちはだかる羽衣狐や土蜘蛛をはじめとした
凶悪な妖怪たちとの因縁の抗争や
妖怪を悪とし、排除する目的で存在する
陰陽師の末裔である花開院家との闘いを
迫力満点の画力によって紡ぐ妖怪任侠漫画。


【大妖怪「土蜘蛛」】

集英社ジャンプコミックス 全25巻 ☆☆☆☆+

愛称は「ぬら孫」

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。