2011年09月24日

漫画『ああっ女神さま』藤島康介

工業大学に通う森里螢一は電話によって
呼び出された女神ベルダンディーに
「ずっとそばにいてほしい」と願った。
願いは受理され、美貌と知性と柔軟性、
人や動物、自然、物質にまで愛される天界の歌姫との
夢のような生活日々がはじまる。

しかし、ベルダンディーの姉であるウルド、
妹スクルドというトラブルメイカーも
森里家(他力本願寺)に居住するようになり、
毎日のように騒がしい日々を送るはめに。



螢一とベルダンディーの純愛、
作者の趣味全快の白熱のバイクレース、
お祭り好きのキャラクターたちの巻き起こす騒動、
天界、魔界のシェア争いによって度々訪れる危機
などをテンポ良く描く。
難局に直面することがあっても逃げずに正面から
受ければ大丈夫。
なぜなら強力な勝利の女神がついているのだから。
悩める人々(読者)を勇気づけるかのように
ベルダンディーがメッセージを送る姿が印象的。

43巻〜 アフタヌーンKC ☆☆☆★



〜キャラ〜

【森里螢一】

猫実工業大学に通い変人ばかりが在籍する
自動車部に籍を置く冴えない主人公。
身長が低いことがコンプレックスだったが
ベルダンディーが恋人になったことで
その設定自体が自然消滅している。
お人よしでやさしい反面、職人的頑固さも持つ。
工業的技術は高く、特にバイク作りに関しては
並々ならぬ情熱を持ち、周囲も一目置いている。
ベルダンティーとの恋愛は煮え切らぬこの男のせいで
遅々として進まないが、まぁお約束ということで…。



【ベルダンディー】

1級神2種限定の女神。
時を司る女神であり担当は「現代」。
沈着冷静、誰にでもやさしく絶対的包容力を持つが
螢一がからむと嫉妬によって力が発動することも。
歌が好きであり、その歌声は至福の喜びを与える。
何をやらせてもすごい完璧超人。

【ウルド】

2級神。半神半魔(神族と魔族のハーフ)
二人の妹への愛から
押しつけがましいほどおせっかいを焼くが
基本的にトラブルを巻き起こす。
途中から目的と手段が入れ替わってしまうという
厄介な性格の持ち主で天界では「破壊神」と称され
恐れられている。
あやしげな薬を調合することが多い。
「過去」を司る。



【スクルド】

2級神。
ベルダンディーへの傾倒ぶりがすごい。
よって螢一とベルダンディーの恋愛の邪魔をする。
あやしげな機械やロボットを作っている。
「未来」を司る。

【ヒルド】

大魔界長。ウルドの母。
強力な魔力を有し、シェア拡大を企むも娘には弱い。
余計なことをして、収拾不能な状態を作り出し
面倒くさいと逃げ出す鳩山元総理のようなやっかい者。

【マーラー】

前半は敵役として活躍するも
後半はその存在を忘れられてしまう魔族。
縁起物が苦手である。

【森里恵】

螢一の妹。「逮捕しちゃうぞ」の夏実にそっくり。
バイクの腕はピカイチで峠のクイーン。
恋人と長続きしないのは、ブラコンで
兄と恋人を比べてしまうことが最大の原因。
だが本人は気付いていない。妹属性具備。



【藤見千尋】

自動車部元部長にして、モータサイクルショップ
【WHIRL WIND】の経営者である。
メカ(バイク)とこどもと猫に目がない。
有無を言わせぬ迫力があり、お金に関してはシビア。
ラベル:藤島康介
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。