2011年07月14日

漫画『ばらかもん』ヨシノサツキ

若き書道家半田清舟(半田清)は
館長をぶん殴ってしまい、島流しに…。

長崎県五島列島にやってきた半田は
心機一転をはかり、再び書に没頭することに。
家屋を渡された半田だったが
そこは島の子供たちが秘密基地として
勝手に出入りするいわくつきの物件だった。



小学一年生の元気いっぱいの「ばらかもん」
マンダムなるを筆頭にその友達で泣き虫のひな、
女子中学生の美和、漫画家をめざす腐女子たま、
オール3のヒロシらが
当たり前のように半田の家に出入りする。


【ばらかもん(元気な人)なこどもたちの
襲来に先生のテンションも上がる?】

こどもは嫌いだった半田だったが
島の子供たちや島の人々のやさしさに触れるうちに
いろいろと心境の変化が訪れる。

プライドが高く独り言が多い天然なイケメン。
だがある意味残念な半田は島民から
先生と慕われながら自分の居場所を築いていく。



美しい島国を舞台に
笑いを交えて描かれるハートフルコメディー。
万人受けしそうな設定や味のあるキャラクターが
見事に配置されていて、
幅広い年齢層におすすめできるよい漫画である。
10年の連載もいよいよ完結。

【押さえておきたい登場キャラ】

〜琴石なる(こといしなる)〜

尊敬する美和ネェとたまの下世話な会話の影響で
変な言葉をよく知っているこの物語のヒロイン。
どこかの大河ドラマのように主役を喰っている。
カタカナをマスターした際には
チャールズ・ブロンソンばりのしたり顔、
「うーんマンダム顔」になってしまう。
半田先生が大好きである。
滅多に帰ってこない漁師の父を待ちながら祖父と暮らす。



〜パンチ〜

その恐ろしい風貌からは想像もつかないが
島一番の人情家にしていいひと。
人から物を奪うときも、人に物をわけ与えるときも
有無を言わさぬ力強さが全身からみなぎっている。
外見とは似つかわしくない本名を持つ。
「白川百合江」

〜半田えみ〜

見た目かわいい半田母。
しかし面倒くささでは作中でもトップクラス。
息子を愛するあまりその言動には目を見張るものあり。
包丁が似合いすぎる美女。
息子が結婚したら嫁をいびり出す気まんまん。
ストーカー的アプローチで半田父と結婚したとか。
ああ、目に浮かぶようだ…。

〜おじょう〜

従順な社畜。育ちの良さが裏目に。
劇的ビフォーアフター!

☆☆☆☆☆ 全18巻
ガンガンコミックスオンライン
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安寿さんのブログの100選に入っているのを見て今週の日曜に買いましたが、面白いですね。

読んでてホッとするような漫画なので他の人にも勧めやすいです。

>えっ、入れてないですよ?
 ラバーズコミック(今現在最新刊も含めておすすめ!)
 には入っていますが。
 まぁおもしろい漫画なのは間違いないのでいいかなぁ…。
 
 最近百選入りしたのは、
 【ゲロヘドロ】と再び読み返した【ボクはしたたか君】と
 【今日から俺は!!】です。 
Posted by ながさき at 2011年07月14日 21:35
よく見たら漫画百選入り&連載中のおすすめ漫画の欄でした。
失礼しました。

>たまに同じタイトルが2つあったり、
 編集ミスがあるのはここだけの話なのです。
Posted by ながさき at 2011年07月15日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。