2011年03月31日

漫画『自殺島』森恒二

様々な理由から生きる希望をなくした
自殺未遂の常習者たちが島流しにされる
無法地帯の島「自殺島」。
自殺島に送られた者は人権とIDを奪われ、
日本国内的には既に存在しない死亡者とされる。
(その目的は自殺者の支援費用を削減するため)
島から1キロメートルのみ存在する領海を「侵犯」
すると攻撃対象とされる。

生きる希望をなくした自殺志願者たちが
同様に似たような境遇を持つ者たちと
小さな島で狩猟採集の自給自足の生活。
中には耐えられずあっさり自ら命を落とす者や
殺される者も現れる。



後ろ向きな態度で仕事を手伝わず足を引っ張り、
ときに欲望丸出しで行動する輩もいるが
セイをはじめ生きる節度を持って行動し
生きる意義を見出す者もいる。
基本的なテーマとしては登場人物(動物も含め)
必死で生き延びようとあがく姿を
残酷にグロテスクに美しく描いた物語である。

〜あらすじ〜

オーバードラッグによる自殺未遂を繰り返した
セイは謎の島に送りこまれた。
そこにはセイ同様によくわからずにこの島に
送りこまれた者が50人以上いた。
どうやらネット上で噂になっていた
【自殺島】(後に無法島とも)であると判明。
現状を受け入れられない者がいる中、
本懐を遂げようと飛び降り自殺を図る者が続出。
死を目の当たりにしたセイたちは
個々人の違いはあるだろうがここで自殺するのは
【違う】と感じ生きる道を模索。
彼らは協力し、【仲間】意識を持つようになる。

しかし元々社会に溶け込めず、様々な体験から
自殺島に送られてきた者たち。
必ずしも前向きに現状を捉えているわけではない。
未来もないと感じ法律も存在しない島で
欲望に走る者も現れる。
差しあたっての問題は食料。
そして絶えない人間同士の紛争。
小さな島を舞台にしたセイたちのサバイバルが
見逃せない。



〜登場人物〜

セイ(生) 
皮肉な名前を持つこの物語の主人公。
両親の想い空しく、競争することも
人と合わせることも放棄し、無為の日々を送る。
唯一無二の話し相手であり【弓】の知識を
教えてくれた先輩の英子を自殺で失った過去がある。
島では【仲間】を得たり、
人の死を目の当たりにしたことで変化。
生気あふれる鹿に魅せられた彼は
弓を用い狩りに挑戦。
生きることを意味やあるのかわからない
正解をめざして自問自答の日々。
名前が判明しないヒロインが気になる。



リョウ   
リーダーシップを発揮し、
なぜか生きることに最も前向きで
ポジティブな言動をとることが多い。
勇敢で実行力に優れ、自己主張の強い性格は
セイとは対照的である。
最愛の恋人を失った悲しい過去あり。

カイ    
自殺未遂者を支援する施設でセイと
出会うが皮肉なことに自殺島で再会。
沈着冷静で感情をあまり出さず
他者と一線を引いた態度をとる。

?  
おそらくこの物語のヒロインだが
名前や詳細が途中まで明かされていない。
セイに自殺をとめられたことで会話をするよう。
彼女の闇についてはまだ語られず。

トモ    
波長が合うのかセイと行動を共にし
友好的な態度をとる理解者。
沖縄に住んでいたことがある。         

スギ    
博学な知性派。
前向きに局面を乗り切ろうとする
優等生タイプ。

イキル   
セイが狩りをする際のパートナーの子犬。
賢く、狩りの成功率を高めてくれる。

白泉社ジェットコミックス JISATSUTOU 
全17巻 ☆☆☆☆+
おすすめ同著【ホーリーランド】


ラベル:おすすめ 森恒二
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。