2011年03月18日

漫画『家族のそれから』ひぐちアサ

高校生の長男トオルとその妹のメグの母が急逝。
悲しみにくれる二人以上に葬式で号泣する男。
ひと月前に周囲の猛反対の中、二人の母と
結婚した26歳の小学校の教師ケンジである。
お互いに家族を頼むと母から託された三人は
複雑な想いを抱えながらも生活を続ける。
そこで巻き起こる人間ドラマ。
やさしい気持ちになるほんわかストーリー。
三人は母との思い出を吐露しながら
未来をめざして歩いていく。

表題作【家族のそれから】☆☆☆

【ゆくところ】☆

高校生の同性愛を描く。
小泉は不幸な境遇に育った同性愛者。
彼は高校の斜め向かいの席に座る湊に
興味を持つようになり急接近。
ノンケな湊にわかってもらえぬ自らの感情を
吐露しながら、自分を認めてもらいたい小泉。
よくわからない描写(人間の深層心理を
描いたような不安定な絵)を用いながら
描かれる妙な物語。

講談社アフタヌーンKC 全1巻
おすすめ同著【おおきく振りかぶって】

http://manga0001.seesaa.net/article/154169854.html


家族のそれから (アフタヌーンKC) [コミック] / ひぐち アサ (著); 講談社 (刊)
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。