2011年01月10日

漫画『QあんどA キュー&エー』あだち充

6年ぶりに庵堂一家は思い出つまった家、
街に帰ってきた。

死んでしまった兄弟の兄久【キュー】は
彼らが帰ってくるのを待っていた。
とりあえず15歳になった弟の厚は
特に何に打ちこむこともなく頼りないまま。

学校の人気者。スポーツ万能。
頼れるケンカの強い兄だったキューは
頼りない弟の【厚】を守り続けるという
約束を果たす為に自縛霊になっていた。

しかしその姿は基本的に厚にしか見えない。
兄キューは厚の身体に入り身体を操ることが可能。
弟の身体でずば抜けた運動能力を発揮。
基本的に生物でない物を動かすことが可能で
日々いたずらに明け暮れている。

美少女として成長していた幼なじみ前沢遊歩。
スポーツ万能の彼女はキューの影響で陸上に
打ちこんで実力のあるランナーに成長。

乱暴者の陣野力は今でも腕力だけを自慢に
威張り散らしていた。
ちなみに小学校時代キューだけにはケンカで
勝てなかったので、弟でうさを晴らそう
と考えていた。厚は頭の足りなそうな陣野に
下手に出ることでトラブルを防ごうとするが
キューの小学生じみたいたずらによって破談。
かえって怒りを買うはめに。

千川高校(同著『H2』)そっくりな明華高校に
入学した厚と遊歩。
そこには厚を攻撃の対象として、
遊歩を恋愛の対象として待っていた陸上部部長
(暴力で部長になった)陣野が待ち構えていた。

遊歩目当てで殺到する陸上部男子を駆逐する
ために入部には過酷(というか無理難題)な
400m50秒以内という条件が出される。
しかし、なぜか挑戦者の中には超高校級の
小笠原一郎が混ざっていた。
陸上部になど入りたくなかった厚だったが
キューによって入部するはめに。
小笠原からはライバルとして認められることに。

キューの導きによって厚は兄が安心して
成仏できるような人間的成長を遂げるのか?
こうご期待。

4巻〜 小学館 ゲッサン少年サンデーコミックス
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | あだち充『タッチ、ラフ、H2』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。