2010年12月19日

漫画『冒険少年』あだち充

冒険少年 (ビッグコミックススペシャル) [コミック] / あだち 充 (著); 小学館 (刊)大人になった主人公たちが、
自分の人生を大きく変えた
ターニングポイントとなった事件や思い出を
振り返り、検証、噛みしめていく短編集。

いつしか童心を忘れ、日々の生活に追われ、
摩耗していく想い出たち…。
でもひとたびきっかけさえあれば、顔を出す夢。
フラッシュバックやタイムスリップによって
顔を出す真実。少年の日の残像が描かれる。

大切な人に詐欺師を紹介してしまった男。
親友を事故で失い、事件現場にいた親友を
疑ってしまっている男たち。
大切な仲間・子分を裏切ってしまった男。
バッターボックスで
バットを振らせてもらえなかった悔しい思い出。
お人よしでまぬけな誘拐犯コンビ。
幸運のアイテムを盗んだことで怪盗になった男。
そして時が止まったままの喫茶店で男を待つ女。

ロマンチックで童心を失わないあだち先生が
放つ傑作短編集。いつしか思い出は宝物に。
小学館ビッグコミックススペシャル 
ラベル:あだち充
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | あだち充『タッチ、ラフ、H2』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。