2010年11月18日

漫画『双子の騎士』手塚治虫

リボンの騎士ことサファイアが王女になった。

『リボンの騎士』

http://manga0001.seesaa.net/article/139095825.html

そして、双子(双生児)を産んだことから
王位継承問題が発生。
兄のデージィ王子と妹のビオレッタ姫。
瓜二つの顔を持つ国が誇る掌中の珠。
国内ではどちらが王位を継ぐかで争いが絶えない。
前作の騒動の原因をつくった天使のチンクが登場し
王子が王位についた方がよいという結果が出た。
しかしビオレッタ姫を王位につけたかった
ダリヤ大臣と公爵夫人は納得がいかず
恐ろしい企てを起こす。
まだ赤ん坊のデージィ王子をさらい、
森に捨ててしまったのだ。

王子がいなくなった王国では、この危機を
ビオレッタ姫に王子と王女の二役を負わせる
ことで混乱を回避。
国民には王子が無事帰ったのだと説明した。

かくして、母サファイア同様に
ビオレッタ姫は男として振る舞うという
過酷な運命を背負わされる。
姫は王子として剣の修業に明け暮れたり、
姫として生活をしたりと大忙し。
一方、森に置き去りにされたデージィ王子は
心やさしい小鹿のパピによってすくすくと成長。
自分の身分も知らずに。

歳月が流れ、ダリヤと公爵の悪巧みによって
サファイアたちは囚われの身に。
成長したビオレッタ、そしてデージィは国の平和を
取り戻すためにそれぞれの存在を知らないまま
運命の糸に操られるように再会を果たすのだが…。
ラベル:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 BJ、どろろ、ブッダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。