2010年10月02日

漫画『スクールランブル』小林尽

天真爛漫の天然女子高生塚本天満は、
電波な不思議ちゃん烏丸大路に恋をしていた。
しっかり者の妹八雲は姉の恋を応援し助言するが
天馬は烏丸が転校することを知る。
なんとか自分の気持ちを伝えたいと
天満想いを巻物にしたためた。
名前を書き忘れるというベタな失敗をした天満。
だが、烏丸にも想う所があったのか
転校は一年先に延期される。
天満は烏丸と恋人になれるのか……。

しかし教室には天満を見つめる熱い視線があった。
中学時代、硬派な不良としてケンカに明け暮れて
いた播磨拳児である。
ピンチに陥っていた天満を助けた播磨は
その際に天馬にひとめぼれ。
正体がばれないようにグラサンをかけ、
高校では念願の天満と同じクラスに。
妄想癖と勘違いの多いおバカな播磨は
天満の行動に一喜一憂。席もおとなりさんに。
同じく勘違いが多く鈍感な天満は播磨の恋心に
気付くこともなく学園生活は続いていく。



個性豊かなキャラクターたちが
体育祭や深夜の銃撃戦ゲーム、文化祭、
修学旅行、歩行祭(≒夜のピクニック)などの
イベントによって恋や友情を深めていく姿が
なんとも面映ゆい。

勘違いやすれ違い、誤解などによって、
友情や愛情にひびが割れることはあっても
お互いを大切に想えばなんとかなるもの。
おバカだけど純粋で、
ノリのよいドタバタな学園生活を描く。
たまに失恋(勘違いも含む)によって、
道を脱線してしまうキャラも……。
まぁ青春なんて回り道は付き物。
キャラの発言をめぐる誤解によって
騒動に発展するシチュエーションコメディー。

いろんなキャラクターたちの恋愛模様を描くが
その中心人物は播磨である。
播磨が浮気して天馬以外のキャラに手を出す
(おサルさん状態になる)という
よくあるハーレムモノのパターンではない。
女性キャラが播磨を意識し出すことが多く、
天満はその際にキューピッド役にまわろうとする。
ホント鈍感は罪やで……。
ちなみに播磨も鈍感なので女性キャラの
自分への恋愛感情に気付かない……。
鈍感は罪やで。

School Rumble(スクランブル)
の題名通り、恋愛模様が交差し絡み合う
というストーリーである。愛称は「スクラン」。
正直初期(2巻あたりまで個人的にキツい)は
ギャグのキレもなくイマイチだったが
徐々に世界観になれてくるとより楽しめる。

物語の本編である♯(シャープ)編と
別の側面を描いた♭(フラット)編がある。
フラット編はいわゆる舞台裏であり、
表舞台で語られた以外の別のキャラの行動が
読者にわかるような仕掛けになっている。
またおまけページ的お遊び要素として
番外編チックなSFモノも収録されている。

評価は☆☆☆★。全22巻。
講談社マガジンコミックス。



〜主要キャラ〜

塚本天満
八雲と二人で暮らしている。妹想い。
悪意のないドジっ子。勉強が苦手。
ノリのいいおバカキャラで
必要とあればマスクもかぶる。
時代劇『三匹が斬られる』が大好き。
料理が苦手。伝説的にまずいおにぎりを作る。

塚本八雲
自分に恋をしている者の心が読めてしまう。
完璧超人で姉思い。
途中から姉よりもヒロインっぽい。
飼い猫伊織を播磨に助けられた。
さだまさしが好き。

播磨拳児
天馬に恋をしたことで軟化したが
キレると暴力をふるうのは変わらず。
わがまま・粗暴。
勉強ができないが天馬といっしょに
補習なので一向に気にしていない。
なぜか漫画家志望という秘密あり。

沢近愛理
ハーフの帰国子女でお嬢。
播磨に劣らずわがままな女王様気質。
ツンデレツインテール。     
よく衝突する播磨がなぜか気になる。
変な執事がもれなくついてくる。

周防美琴
変人の多いキャラの中でまとも。
美人で性格がよく、Dカップの持ち主。
男勝りキャラ。

高野晶
クールビュティー。
海外で暗躍することのある女スパイ。
古本屋でバイトをしている。
天馬・沢近・周防・高野は
美人の多い2年4組の仲良しグループ。

刑部絃子
フェロモンむんむんの美人物理教師。
男子生徒の妄想の対象。
播磨のいとこで同居している。

姉ヶ崎妙
小悪魔系保健の先生。
播磨のことがお気に入り。     

烏丸大路
変人奇人の電波キャラ。
実は人気プロ漫画家である。  
カレーと河童が大好き。
天満がつくるまずいおにぎりも
顔色を変えずに食べられる業の者。
学校を休み渡米していることがある
など謎の多いキャラ。

花井春樹
クラスをまとめるリーダーで仕切り屋。
八雲にストレートな恋愛感情を抱く。
美琴の幼なじみであり
現在の彼が形成されたのは美琴の存在が大きい。     
戦闘能力が高く播磨とよくぶつかる。
成績優秀だが、トラブルに巻き込まれ
出席日数がギリギリ。意外にモテる。

麻生
2年C組では貴重なまとも男子。
バスケが得意で中華屋でバイト中。
女性キャラの人気・評価が高い。

今鳥恭介
軽佻浮薄なヘタレなナンパキャラ。
途中から完全にギャグ担当。

一条かれん
かわいい見た目とは裏腹に怪力。
性格もいい子だが、なぜか今鳥に恋してしまう。
レスリングの強さは異常。

ララ
帰国子女。
アマレスに限らず身体能力が高い。
スポーツ万能な一条をライバル視。
ケンカっ早く、特に自分をからかう
今鳥に対しては容赦がない。

School Rumble(22) <完> (少年マガジンコミックス)

School Rumble(22) <完> (少年マガジンコミックス)

  • 作者: 小林 尽
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/09/17
  • メディア: コミック



posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:31| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハリーマッケンジーwww

>ハリーマッケンジーいましたね。
 そんなにでてこないけど。
Posted by ペコ at 2010年10月04日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。