2010年08月12日

【野球漫画特集】 

ドカベン、大甲子園、タッチ、H2、おお振り、
第三野球部、クロスゲーム、ROOKIESとかの
総括をします。「メジャー」は近日紹介予定です。

2010年度「全国高等学校野球選手権大会」の開催を
記念して高校野球を題材にした作品を紹介です。
あと、作中に登場する名脇役も。
ちなみに埼玉県代表本庄第一高校は初戦で敗れたので
テンションは既にだだ下がりなのです。

『H2(エイチツー)』

あだち充の最高傑作と言われる野球漫画。
同学年最高クラスのバッテリーがなぜか野球部の
ない高校に入学。自分たちで部活をつくり、
甲子園をめざします。野球の試合もそうですが、
それ以外の恋愛面や幼なじみ、脇役にいたるまで
実に巧みに配置されているのがすごい。
プロでも大活躍できるんじゃないの?
クラスのピッチャーやバッターが登場します。
個人的に好きなのは、ひかりの母です。
比呂が甲子園をめざす原動力にもなりますから。
全34巻。

『大甲子園』

ドカベンの続編。常勝高校になった
ドカベン・岩鬼・里中・殿馬・微笑ら率いる
最強軍団と、水島新司が描いた他の作品の猛者
たちが甲子園を舞台に白熱の闘いを演じます。
劇場型のストーリーと漢岩鬼やドカベン山田、
里中の好投、名手にして秘打殿馬の活躍が見物。
岩鬼が最高ですが、里中の母がいい働きします。
里中は母子家庭なので、親子の愛情が深いのです。
文庫版全17巻。

『ドカベン』

野球漫画のくせにかなり長い間柔道をやっとります。
「いつ山田が野球をはじめるのか?」。
「岩鬼とどのように絡んでくるのか?」など
初期から見所が多い作品です。
実際野球をはじめると、爆発的におもしろくなって
きます。チームメイトが集まってくる過程や
クセも才能もある最強チームの面々や監督。
エンターテイメントに徹したストーリー。
トリックプレーや意表を衝く作戦、
キャッチャー目線の描写など
クセになる要素が多いのです。
試合中に登場するマニアックなルールも要注意。
武蔵坊ですね。やはり印象が強い。
文庫版全31巻。

『タッチ』

メインとなるのは上杉達也が高校野球をはじめる
第二部から。幼なじみである朝倉南との恋愛を
からめて、南の夢である甲子園をめざします。
野球漫画ではありますが、ラブコメ的要素が強く
野球と全然関係のないストーリーが展開される
こともあります。名実ともに名作ですが
甲子園での闘いが描かれていないという
大きな欠点があります。
名脇役の原田が好きです。最初は悪い奴に見える
のですが、どんどんいい所が見えてきます。
文庫版全14巻。

『名門第三野球部』

3軍メンバーだった世間一般でいう所の
落ちこぼれ集団が奮起。
選手を道具のように使う野球部監督を殴り
部活を辞めた一軍正捕手海堂さんと共に部活を
立ち上げ、甲子園めざしてがんばります。
努力・根性・勝利型の熱血野球漫画で、
チビのいじめられっこあすなろ君が
身体の大きな海堂さんよりも大きな手を持ち、
巧みなコントロールを武器に個性的なメンバーと
共に成長していく姿は感動を誘います。
小西はいいよ。自分の弱さに気付いているから。

『クロスゲーム』

あだち充の集大成的な作品になっています。
タッチやH2などのオマージュ。
主人公を最高レベルにしすぎた感もありますが
破綻をさせずにしっかりまとまっています。
若葉だね。作中ずっと存在感があるから。
全17巻。

『おおきく振りかぶって』

1年生新設チームと熱血女性監督との成長劇。
自信が持てない挙動不審のマイナス思考投手三橋、
彼の抜群のコントロールを高く評価する阿部、
ムードメイカーでチームの中心選手田島、花井ら
を中心に甲子園をめざしていく姿はまさに青春。
マネージャー。
阿部と結婚したら「あべちよ」になるから。

ちよちゃんが阿部と結婚したら
それ ちよちゃんちゃう。
あべちよや!
19巻〜

『ルーキーズ』

不祥事を起こしたことで野球の練習をサボり、
つまらない毎日をすごしていた不良たちが
熱血教師川藤と出会い、甲子園を目指す。
屈折した想いや世間の厳しい目に晒されながらも
日々成長していく彼らはいつしか地区大会の
台風の目として旋風を巻き起こす。
画力の高さは圧巻である。
平塚。ベンチで大声出している自分の自虐的な姿
のシーンがおもしろかったから。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の茶番劇(創作物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。