2010年06月25日

【I'll be】

勝てる予感があっても、
どこかで不安を抱いていた。
デンマーク戦にはそんな雰囲気があった。


【I'll be】

歴史的快挙・歴史的勝利に立ち会おうと
3時起き。まだ結構肌寒い。
DVD録画し追っかけて見始める。
途中で父も起きてきた。
「勝てると思うんだよねぇ」
と話しながらもドーハの悲劇をはじめ
最後の最後で期待を裏切られ続けてきた父は
やはりどこか不安そう。
我が家には3時30分頃新聞が来ることを知る。

「日本は試合をするごとに強くなってきている」
父は語る。そう、それは試合を積むごとに
成長する高校球児のようだ。
男子三日会わざれば活目して見よ!
と言うがチームとして着実に善戦できる
チームになってきた。
しっかり守って1−0と勝てる!というのが
二人の見解だった。
ベントレーは長友がとめてくれるはず。

和をもって尊しとなし。
輪(サークル)となり、手をつなぎ結束した
チームプレーは堅固な一枚岩となり、
どこかちぐはぐなカメルーンチームにも
しっかりと勝ちを納めた。

オランダ戦でも善戦。
川島はキーパーとしてもこの2試合で
非凡なる才能をみせた。
実は世界最高クラスのキーパーかも。

試合がはじまる。
デンマークのスピーディーなパスまわしに
ひやひやさせられる。
イヤな雰囲気が漂う。
土壇場で勝てない。ドーハの悲劇の再来…
イヤな汗をかきながら応援。

そして前半16分(17分)の本田のフリー…
距離も結構あった。
無回転のシュートは吸い寄せられていき…
ネットを揺らした!! グレート!!
すげぇ〜。あんなの日本人でも打てるんだ。


【画像はイメージです ジャイアントキリング】

海外のスーパーシュート特集とかで観る
クラスの世界レベルのシュートだった。
本田はこのワールドカップで大口でなく
実力があることを証明した。有言実行!!

勝てる!という予感が確信に変わったのは
遠藤のフリーキックが見事に決まった瞬間。
本田が打つだろうと思っていたのか
反応が遅れた相手キーパーの横を貫いた。
朝がしらみはじめていた。

守護神川島がいる限り3点は取られまい。
「ファインセーブ」の連発と言われる川島。
ファインセーブどころじゃないプレーが多い。
グッドないしはグレート、ワンダフル
冠してほしい。川島には称賛を惜しまない。

フリーキックって相手チームに決められる
ことはあっても、日本チームが決めることって
稀だったから。セットプレーとかじゃなく
一発で決まる。そんなスーパープレーが二発。
決めるべきときにかっちり決まる。
これは勝てる試合!

点こそ獲られたものの、安定した試合展開で
危なげない。本田は、自分で打たずに
交代出場の岡崎にパスし3点目が入る。
本田ってすごい奴だなぁ。

守護神:川島がよくとめた。
決めるべきときに得点が見事に決まった。
何よりも今日の日本のサッカーは観ていて
おもしろかった。魅せる要素が多かった。

長友・闘莉王・中澤・駒野、
阿部・長谷部、本田、大久保、遠藤、松井が
ボールを追っかける。
岡田監督は、チームがうまくまわっているので
固定フォーメーションを貫く。
交代した岡崎も得点を決め、はずみがついた。

次の相手は「パラグアイ」。
イタリアではなかった。
グループ混戦を制した1位通過のパラグアイ。
Eグループみたいにはっきりとした順位が
つかなかった。
ホリケン風に「パラグアイダ〜」と叫ぶ。
タイプ的には守備に定評があり、
隙をついて攻めてくるという日本と似た
タイプのチームとのこと。

しかし今日の本田と川島はすごかった。
世界最高クラスのプレーもあった。
今日と同じ位の試合ができれば、
分不相応かもしれないけど
でっかい夢が見れるなぁ。
次戦も期待できるなぁ。

日本決勝トーナメント進出。歴史的快挙!
ワールドカップアウェー戦初勝利。
3時起きしてよかったなぁ。
29日のパラグアイ戦も楽しみ楽しみ。

勝ちたいときに 勝つべきときに勝つ。
それが本当の強さだ。
全然勝てず、中身も伴わなかった親善試合。
あれすらも今じゃ笑い話。
「世界を驚かせる」という岡田監督の言葉が
現実味を帯びてきた。
そして今日は最高の気分ですし、
日本にとって特別な記念日ですが、
まだ挑戦できるチャンスがある以上、
いくらでも上をめざしましょう!
最強チームと実際に戦うことで
見えてくるものが必ずあるはずなので…。

何がうれしいって決勝トーナメントを
指をくわえて観ているだけじゃなくて
一生懸命観戦できることでしょう。
勝ったゆえの特権ですからね。


http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/100625/scr1006250525031-n1.htm

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100625-00000065-san-int
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。