2010年04月16日

漫画『愛の奇蹟』楳図かずお

【ねじれた空間】

いわれのない夫からの暴力に脅える妻。
あたかも妻が不貞を働いていると思わせるように
部屋にネクタイなどをしこむ夫。歪んでいる。
その行為は夫自らのやましい行為と心を映す。
いやがらせはエスカレートし、
「S・H」という架空の相手を作り出し、
夫の企てにより花が届けられる。

【愛の奇蹟】

奇蹟はそれを信じる者にのみおきる…
仲睦まじい若夫婦がいた。
ある日、夫は山に出かけ妻加枝に崖に咲く花を
とって帰ろうとした。その時誤って足を滑らせ
しかもその身体は雪によって埋もれてしまった。
「帰らなければ…」という想いを残しながら。

帰らぬ夫を心配する加枝。
いつまで経っても夫は帰らなかった。
きっと帰ってくる。
美しい加枝には多くの縁談が舞い込むが
頑なに夫の帰りを信じる加枝。
いつしか、白髪が混じる年になっていた。
そして、奇蹟が起こるのだった。

【雪の人】

雪の日に出会った不思議な女について
父は息子に語りかける。
彼女は雪女だったのか?
そして、その後息子が連れてきた、
かつて出会った不思議な女と瓜二つの女は?

【烈願鬼】

家臣の裏切りによって城主の地位を奪われた男の
前に現れた忍者のような格好をした「烈願鬼」。
烈しい(はげしい)ほどの願いや渇望を持つ者の
前に現れる得体のしれない存在だ。
なくしてしまった城主の地位や美しい妻高子を
奪い返そうと躍起になる元城主。

不憫で貧しく不遇の現実の中で
自分が姫になり何不自由ないすばらしい生活を夢見
妄想にふけるツチ。
絶望感に打ちひしがれる現実に直面したツチの
前に現れたのは烈願鬼だった。

物心つく前から牢屋に入れられていた男の前にも現れ
出してやろうと囁く。しかし条件付きで。

それは人々に希望を与える救いの主なのか?
それとも絶望を更に増加させる悪魔なのか?
心の中に潜む欲望が生みだした幻想なのか?

【洞】

法螺(ホラ)と洞をかけたと思われる良作。
不貞を働いていると推測される男とその妻。
愛を試されるという洞にやってきた夫婦。
洞に入り、途中で引き返そうとすると二度と
戻ってこられないという。
だがそのまま歩き続けると戻ってこれるという。
お互いの言うことをホラとして信じようとしない
夫婦には、こんな洞窟もお似合いだ。

【きずな】

消えることのない愛を誓った私とミチは
ある日事故に遭ってしまう。
奇跡的に私は無傷だったが、
ミチは植物状態になってしまった。
仕事をしながら、ミチの看病を続ける私。
愛は消えないのか?
をテーマに語られる美しい物語。

【smile】

遥かなるこの星の昔々の出来事。
UFOに乗ってやってきた男女。
まだ生き物がいない昔のことだった。
男が帰ってくると女は自然にほほえみ
彼の帰宅を喜んだ。
この星に生き物が生まれ、遂には人類が生まれた。
あるとき事故に遭い男は動かなくなってしまった。
女は生き続け、いつしか人類は
ロボットを作り出すことに成功した。
そして女に疑問を抱き始めた。
女は人類によって男がめざめ復活するのを期待した。
人類は、眠り続ける男を調べたが、
何者であるのかわからず困惑した。

愛の奇蹟 (小学館文庫―イアラ短編シリーズ)

愛の奇蹟 (小学館文庫―イアラ短編シリーズ)

  • 作者: 楳図 かずお
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 文庫



ラベル:楳図かずお
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 楳図かずお(うめずかずお) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ねじれた空間」
とっても面白そうです。
人間の狂気的な話は大好き!

>『洗礼』とかもおすすめですよ。  
Posted by ペコ at 2010年04月16日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。