2010年04月07日

【グレーゾーン】

仕事のモラルが問われる事件が相次ぐ。
今年に起こったものだと。

週刊少年ジャンプのワンピースをはじめとした
人気作品が印刷会社の関係者によって
ジャンプが販売される前にネットで見放題
という事件があった。犯人の心情はわからないが
まぁ自分の仕事に誇りがあったら絶対しないな。

警察官が自分の身内(家族の方)の自動車事故を
隠蔽しようとしたが露見した事件もあったなぁ。
警察官になると、知り合いから同様の揉み消しを
頼まれるという話をよく聞くが、
ろくでなしブルースな知り合いがいると悲惨だ。
警察官は不祥事を起こすとほぼ例外なく
退職を余儀なくされる職業だから。
大切な知人だったら、頼まないはず。絶対。

税金を食い物にする公務員然り。
テレビを私用化・立場を利用するタレント然り。
不逮捕特権を逆手にとる政治家然り。
性犯罪者になり下がる教職者然り。
何かが抜け落ちてしまっている。
多分、職業のモラル依然に人間として
何かが抜け落ちてしまっている。
職業を悪用するケースは本当にいただけない。

仕事というと当てはまるかわからないが、
ローマ法王が信者の幼児虐待の事実を知りながら
黙認していたなどという話を聞くと、
犯罪を起こしていない職業なんてあるのかな
と思ってしまう。
罪を告白すれば罪は許される。贖罪という概念が
すごく悪い方に用いられ続けている気がする。

そういえば、保険金目的で自分の寺を放火した
坊さんもいたなぁ。
毛とともに何かが抜け落ちてしまっている。
笑い話にでもしなければやってられない。
ホント、神も仏もありゃしない。

嘆かわしい。と言ってしまうのは簡単だ。
怒りを表明することももちろん大事だ。
でも、やはり同様の事件が起こらないように考え
自分に置き換えたり、その職種ごとに抱える
問題やシステムを再構築するなどの建設的な意見
がほしい。けしからん。と怒鳴り、その時は
腹を立てても、やはり自分に害が及ばないと
人類や社会共通の問題であるとは誰も思わない。

毒入り餃子事件を例に蒸し返せば(餃子だけに)
食という身近なことだからより議論を呼び、
人々の関心を集めたのだと思う。
(それにしてもあの犯人は嘘臭い。
オブラートにも餃子の皮にも包みこめない位
嘘臭い。うそくせー なーんかうそくせー。
googleが撤退したが、事件は中国国内で
中国国民にどう捉えられているのかな?
何しろ、当時犯人は日本国民とか報道されて
いた国のことだから、検閲&捏造されている
と考えるのが妥当。
ちょっとした怪談よりよほど怖い話だ。) 

どんな職業に従事する人もモラルは問われる。
生活に密着していればいるほど、身近であり
本気で考えるものだ。
まだ仕事に就いた経験がない人は、
やさしい目で働く人のことを見てください。
いい消費者に、いいお客になってください。
そして、いい仕事をしてください。
お願いします。

いつしか、仕事に忙殺され、
仕事に対する誇りを失い、なあなあで済ませる。
それはとても悲しい。そこに意義がないから。

そして、問題提起されている弁護士。
彼らもかつては高い志で勉強し
難関を切り抜けたのだと信じたい。
でもやはり彼らのやっていることを弁護する気に
なれないのは、彼らのしていることが
プラスの仕事ではなく、
マイナスの仕事に他ならないからだ。
人の役に立っていないからだ。
人を白(正義)、黒(悪)にはっきりと区別
できるケースは稀有だ。
彼らはまさにグレーゾーンだ。
灰色で、グレーで損をさせている。
最近、弁護士事務所がCMしているのが
裏がありそうで(儲けがなければできないはず)
なんかとても空々しくて怖い。
【多重債務者「食う」弁護士 
あれ借金増えてる…… 2次被害が続出】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000507-yom-soci

金の搾取を目的とした「詐欺行為」に他ならない。
やり方が合法なだけに実に性質が悪い。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。