2010年03月20日

漫画『賭博覇王伝零ゼロ』福本伸行

振り込め詐欺加害者から金を奪い被害者に返還する
義賊グループ『零』は平成のねずみ小僧として
マスコミに取り上げられ、称賛を浴びていた。

しかし、首魁である宇海零(迂回ゼロというしゃれ)
以外のメンバーはドジを踏み
暴力団組員たちに捕まり、拷問を受けていた。
圧倒的な頭脳を有する義賊のリーダーである零を
誘き出そうとする暴力団員たちであったが、
一枚も二枚も上手な零のこと、のこのこやってくる
わけがない。…と思われたが、お人よしの零は
仲間たちを見捨てられなかった。
頭脳を駆使し、ピンチを切り抜けたかと思えた
零だったが、悪党はだませても巨悪はだませない。

突如現れた不気味な男『後藤』。そして、
日本屈指の財産を有する在全無量(81歳)に
目をつけられてしまう。個人資産3兆以上、
法人を含むと10兆以上の財産を有する在全は
『金神』と呼ばれ、政財界・裏社会を支配する
巨悪。典型的な「資本主義の豚」であり、
他人を殺してでも快楽をむさぼる下衆の極みだ。

そんな在全は数カ月後に行われる世界有数の
石油王や大富豪どもが行うギャンブルに参加する
予定であり、彼に代わりギャンブルを行う
知力・体力・時の運・精神力・胆力を有する
「王」(代打ち)を欲していた。

在全に目をつけられたゼロは、在全が主催する
「王」を選ぶための試験に招待を受ける。

極悪非道・難攻不落の『ドリーム・キングダム』
を勝ち抜くと得られる金額は1000億円。
在全側の用意した「ゲーム」は挑戦者の命を
奪いかねない人権無視&イカサマありの
ハイリスク・ハイリターンのサバイバルゲーム。
選択を誤れば死もあり得るリスキーな頭脳戦。

絶対に巡ってこないであろうと思われる機会を
得て歓声を挙げる挑戦者たちの中で
零は冷静にこの状況を見つめていた。

大金があれば、多くの人々を救済できる。
交渉次第では、そんなちんけな金ではなく、
もっと多くの金額を得られるのでは?
ゼロ同様に、いやそれ以上の能力を有するライバル
も現れ、より大きな可能性・選択肢も模索される。
在全の持つ圧倒的な資金を奪い取る可能性の模索。

天才的頭脳を有するゼロ、彼を超える存在『標』。
人の命を奪うことに痛みを感じない悪魔たちとの
頭脳戦・知能戦を制することはできるのか?
在全に感謝の念を示さなかったゼロに対しては
在全側から小細工をされたり、
圧倒的不利な戦いを強いられるケースが多い。

少年マガジンに返り咲いた福本先生だが、
よい意味で福本節は全快。
グロテスクで残酷な展開。
この作者なら主人公や仲間たちが死にかねない
ハラハラ感があり、スリリングな展開が期待できる。
主人公は、やはりお人よしな面があり、
逆境に強く、タイトルが示す通りカイジ的。
主人公ゼロ、悪役在全にそれぞれカイジや会長ほど
魅力を感じない気がするのは管理人だけか?
ストーリーとか中身自体はおもしろいんだが。

ゲームは一人で戦う個人戦ばかりでなく、
高い能力を有するゼロが足を引っ張られる団体戦
も多い。『友情』・『仲間』・『勝利』なども
キーワードでありそこが作者の腕の見せ所となる。

主人公「ゼロ」の名前が示す通り、
数学的な素養が必要な右脳人間優位の問題が多い。
第一部 全8巻。講談社少年マガジンコミックス

賭博覇王伝 零(1) (KCデラックス)

賭博覇王伝 零(1) (KCデラックス)

  • 作者: 福本 伸行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/11/16
  • メディア: コミック



ラベル:福本伸行 頭脳戦
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。